コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 売上目標を先につくることは間違いなのか?

売上目標を先につくることは間違いなのか?

売上と利益を改善することだけ考えても、資金繰りは楽にならない

「ここ数年苦しい中で必死に経営を続け、ようやく売上も上がってきたのに
現預金が心もとなくて、安心できない」

「少しは資金繰りも心配が減る方向に動いてくれないかな?」

という悩みを抱えた社長は多く、会計処理の結果と現預金の状態は連動しません。

限られた資金で利益を出したい時は、売上目標ではなく仕入目標を設定する

損益計算書の計画を考える時、どの項目から思い浮かびますか?
売上から思い浮かんだ場合は、これからは止めるべきです。

どんなに売上が増えようとも、結果として資金がショートすれば
会社は存続できません。

大半の会社は、売上が上がれば上がる程、前払いする仕入も増えるのですから
資金繰りは悪化します。

新規で借入ができない・借入をしない場合は売上が上がれば上がるほど、
資金繰りは大変になるため売上は制御しなくてはなりません。

仕入予算がオーバーすることが予想されるなら、
利益率の高いものから優先し、バックオーダーが入るくらいがいいでしょう。

「売上が上がれば利益も上がる」という考え方よりも
「同じ利益であれば、売上は少ない方が効率的」と考えましょう。

売上は「全社員の作業量」に比例します。

「売上が少ない方が仕入も抑えることができ、資金繰り負担が少なく
みんなの労力も少ない」ということです。

【ポイント】
◎仕入を制御して、資金繰りを確保する
⇒仕入範囲内で利益を確保できるように、受ける仕事の付加価値を上げる

その結果として売上がついてくる
このようなことを基本とすれば、資金繰りは改善します。

しかし、売上伝票だけで分かる売上と比べて、仕入や利益は
他の要因を足したり引いたりしないと分かりません。

これらを見える化し、把握できるようにするということが
中小企業経営者の腕の見せ所であり、また本来の「財務」の機能ともいえます。

執筆:今野洋之

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう