コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > マーケティングとオペレーション

マーケティングとオペレーション


社内のオペレーションの流れ(業務の流れ:業務フロー)が上手く流
れていない会社もあると思います。



まだ、自分たちで気付いていればよいですが、自社内では気付かずに、
お客様だけが気付いて、顧客離れを起こしている場合もあります。



特に、急成長中の中小企業だと成長に組織体制が付いていかず、この
ような状態になることもあり得ます。



このように、「成長中の企業に良くある話なので、仕方がない」では
済まされないケースも多くあります。



特に、社内のオペレーション(社内の業務フロー)なので、「社内の
問題」だけだと思っていしまいがちです。



でも、一番初めに書いたように、オペレーション・業務フローに問題
があるということは、お客様とのやり取りにも大きな影響があります。
つまり、社内の問題がマーケティング(売上)にも関わってくるのです。



例えば、飲食店や営業会社で、オペレーションの滞りがあれば、注文を
受けてもお客様のところには届かないし、その問合せを受けても誰も回
答できないということもあり得ます。



自分が、お客様の立場ですと、このような状況を体験したことは何度か
あると思います。その時に、イライラや怒りを感じたかもしれません。



このように、自分の体験に置きかえてみると、オペレーション(業務フ
ロー)の流れの悪さが、顧客離れが起き、売上減につながってしまうこ
とは想像できると思います。



よって、オペレーションの問題、業務フローの問題は、社内の事だから
後回しと考えず、売上に関わることだと考え、しっかりとした対応をし
ていった方が良いのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう