コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > コミュニケーション不足、という言い訳は上司の責任

コミュニケーション不足、という言い訳は上司の責任

会議でコミュニケーション不足、という言い訳が出てくることがあります。口にする方にとっては「私も悪いかもしれないが、相手も悪い」というニュアンスで使われていることと思いますが、ピーター・ドラッガーによれば、かならずマネージャー(上司)に責任があり、上司が自ら言った場合は、例え自覚がなくとも、その上司自身が悪いことを認めている、とされることをご存じでしょうか?

「コミュニケーション」という言葉の意味

もっと話合いをしなければ…

もっと部下と会話をしなければ…

もっと正確な報告をするためには…

 

コミュニケーションをとろうとした時、実際に人が思うのはこういったもの。口頭の相談であれ、書類での提案や報告であれ、何らかの対話がなければコミュニケーションは成立しません。ただ、先に一つ認識しておくべきことがあります。それは、

 

・コミュニケーションの元々の意味は、”共有”である

 

ということ。古くはラテン語にさかのぼり、コミュニス(communis)すなわち共通したもの、あるいは共有物(common コモン)と言われています。現代日本語で一言で表すと、「共有」となります。しかし、コミュニケーション不足と表現される裏側で発生していることは

 

「確かに言ったはずだ」

「いや、聞いていない」

「あの時こう決まっていたでしょう?」

「いや、そうは解釈していない」

 

という押し問答ばかり。ほぼ、片側は「伝えたつもり」になっていて、もう片側は

・聞いたが、誤解した

・そもそも聞いていない(と思っている)

・聞いて、賛成ではないが、あえて反対を表明していないだけ。賛成ではないので、従っていない

 

と反論する、と言う構図です。

企業経営においては、より上層部の責任になる

では、コミュニケーション不足が問題になった時、「伝える側」「聞く側」どちらが悪いのかと言うと、「伝える側」に問題があると言わざるをえません。というのも、

 

  1. そもそも、「聞く側」は、言われない限り、その対話の必要性にも、存在にも気がつかないから
  2. 企業において、意思伝達はおおむね上(経営者・マネージャー)から中間管理層を経て下(担当者)へ流れていくものだから

 

コミュニケーションは共有することとは言え、双方同時に発生するというよりは、片方がもう片方に、共有を持ちかけることから生まれるものです。企業においては、依頼・要請・指示・命令等の形をとって上の立場が下の立場へ「持ちかける」側になります。

 

が、下の立場は基本的に「言われない限りは、その共有するべき内容を知らない」。だから、管理者にとっては痛い話になりますが、コミュニケーション不足というのは「上の立場=伝える側」に、その責任があるのが本質です。

 

なのに、とある部長が会議で「うちの部はコミュニケーション不足で…」というのを、自分だけが悪いわけではないように言ってしまう。これを社長が受け入れてしまっているうちは、「不足」が解決できるはずもないのです。

 

部長自身が、共有できるところまで伝えていない、社長自身が、それに気づいていないということなのですから。

営業部門ではさらに問題になる

社内だけで完結できない、顧客とのやりとりを行う営業部門ではこの問題はより深刻です。共有情報に、社外の存在である顧客が含まれてくるのですから。この点が、営業部門が伸びてこないと悩む企業の大半が抱えている問題です。

 

どんなに優秀なツールや仕組みを導入しても、「なぜ」「なに」が共有されていないならば、機能することもないのです。コミュニケーションの機能を、考えることが何より企業の改善には不可欠です。

 

執筆:今野洋之

新商品のご案内

商品単価150%UPできた!税理士がやらない、くみかえ原価メソッド

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop