コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 正常先への復活

正常先への復活

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

貸出条件緩和債権についてのお聞きします。

 

返済が苦しく月々の返済額を減らしてもらうために最終返済期限を延長してもらった場合で、その後、利益が出るようになり、当初の約定どおり返済可能となれば、銀行側としては条件を当初に戻し、その後は正常先と見てくれるようになるのでしょうか?(N.F様30歳)

 

【回答】

貸出条件緩和債権の要件が解消し、他の「正常先」となる企業の要件(経常利益黒字・当期利益黒字・債務超過なし・繰越損失なし)が満たされれば銀行は企業を「要管理先」から「正常先」に戻します。

 

しかし、「要管理先」から「正常先」に復活したばかりの企業には、銀行はまだ警戒しています。一度「要管理先」に陥った企業は、また将来同じことを繰り返すのではないかと、銀行員の心理は働くからです。

 

他の正常先の企業のように、スムーズに借入を受けることは難しいかもしれません。そのために、常に自分の企業が「正常先」を保つことが大事です。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう