コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 個人で負担した保証債務を支払っている途中の借入れ

個人で負担した保証債務を支払っている途中の借入れ

【質問】

前期まで、特段の大きな融資も必要なく、個人資金で頑張ってまいりましたが、今回の不況にはかなり喘いでおります。

今般、また緊急保証制度が始まったようですが、弊社にも、銀行から誘いがありました。

使いたいところなんですが、懸念が1点ありまして、身内の会社の、保証協会保証付融資と、国金(現日本政策金融公庫)の、2件連帯保証人に個人でなっていましたが、6年前破産してしまい、私に保証協会保証付融資3800万円、国金1500万円、かぶってきました。

そこで、保証協会10万円、国金10万円、それぞれ弁済が始まりました。
現在国金は弁済継続(2~3日遅れるだけで督促電話が入ります。)しておりますが、協会のほうは1年以上滞っております。

協会からは督促ハガキが、数ヶ月に1度来るだけです。
弊社としての、保証協会保証付や、国金の借り入れはすべて数年前に完済しております。

今回の緊急融資を申し込みたいところなんですが、銀行にも、個人の弁済は話しておらず、申し込んで保証協会がどう出るか、その後銀行の対応が変わりはしないか、と考えると尻込みしてしまいます。

(S様)

【回答】

おそらく、S様の経営されている企業で銀行を通して保証協会保証付融資を申し込んでも、保証協会で断られる可能性が高いと思われます。

そうすると、問題なのはそれを見た銀行が

「なぜこの会社が保証協会で保証を受けられないのか。何か事情があるのではないか。」

と勘ぐりを入れてくることが予想され、その銀行からのプロパー融資においても審査が厳しくなってくることが予想されます。

銀行を通さず、保証協会に直接、打診してみるのも手です。
そこで保証を断られても、銀行はその事実は分からないでしょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう