コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > サラ金に過払い請求を行うとどうなる?

サラ金に過払い請求を行うとどうなる?

【質問】

7年前にある経過から、株を無償譲渡してもらい事業内容を変更して、賃貸物件専門の内外装リフォーム業を行っております。

3年程前に引継ぎ以来の累積赤字が消えたので、銀行融資を受けるべく種々アプローチを致しました。

色々な問題・経過はありましたが、結果として昨年12月保証協会付で15百万円の融資が実行されました。

融資目的は手元流動性資金の正常化です。
この融資分が凡そ月商分になりますので、漸く1人前の会社になれたか、というところです。

ただし近々別途な事業展開のために、更に融資を受けようと計画しており、保証協会担当者からは好感触を得ています。

以上のようなことを背景に下記の内容をご質問させていただきたいと思います。
昨年12月に融資を受けるまでは、手元資金で一切の資金繰りをしていました。

当然自己資金では不足で、個人名でカード・サラ金も利用しながら役員借入をする、というの非常にタイトな資金繰りをしていました。

現在はカードのキャッシングについては、材料道具の仕入にかかわるので、全て正常に清算しました。

ただサラ金については過払い利息返還と同時に清算しようと思い、先日弁護士に相談したところ、

1.利用年数から鑑み、残金約350万円は相当額が過払い利息と相殺されると思われる

2.ただし代理人として弁護士が交渉すると支払いが停止するので、信用情報機関に事故扱いの情報が登録される

3.この代表取締役の事故情報は、今後の会社の銀行融資の際に問題となるのではないか?
と言われました。

以前信用情報機関は、銀行、クレジット会社、サラ金と別個だと聞いたことがあるのですが、昨今の情勢では、私のこの手の情報は銀行にも知れてしまい、融資の障害になってしまうのでしょうか?

事前に正直に説明をすれば、理解してもらえないものなのでしょうか?
(A様)

【回答】

まず、過払金請求を行うと、あなたはブラックとなります。確かに、銀行系、クレジット系、サラ金系と、個人信用情報機関は別個ですが、ブラック情報はお互い情報を交換しており、銀行系の信用情報機関にも、サラ金でブラックになった、という情報が流れてしまいます。

「事前に正直に説明すれば、理解してもらえる。」ということはまずありえません。

銀行にとっては、ブラックはブラックだからです。
それが金融機関の心理です。
これから何回も融資を受けていかなければならないのに、信用情報を悪化させることは慎むべきです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう