コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 会社のお金も自分のお金も同じと思えば、確実に経費は削減できます

会社のお金も自分のお金も同じと思えば、確実に経費は削減できます

多くの会社は経費削減に取り組んでいますが、なかには、今日まで使用した経費の中身を細かくチェックせず、「私たちの会社はもう削減する所は無い」と言われる会社も見られます。

 

適宜、経費をチェックしていますか。

経費の精査

私 :「社長、車両費が昨年より多くなっていますが、何故ですか。」

 

社長:「営業活動に力を入れているからだろう。」

 

私 :「それにしても、売上は昨年より落ちていますよ。」

 

社長:「落ちているからこそ、力を入れないと。結果はこれからだよ。」

 

私 :「そうですね。それでは経費の中身は、確認されていないのですか。」

 

社長:「移動すれば、経費はかかるものだ。」

 

日常生活で、値札を見ないで買い物ができる人は、どのくらいいるでしょうか。ゼロとは言いませんが、たいへん少ないと思います。一般的に、日常生活で自分のお金を払って買い物をする場合、所持金額と買おうとする物の価格は確認をします。そして、買おうとする物がまったく同じ物であれば、1円でも安い方がよいに決まっています。当たり前の心理です。

 

しかし、これが会社の経費となると、話が真逆になる場合があります。購入しようとする物が一体いくらするのかを確認せず、業務に必要だから買うというのです。また、A社よりもB社の方が、同じ物が安く購入できるかもしれないのに、これまで使っている業者だからと見直しも行わず、購入しています。

 

これで、経費の削減ができるだろうか。絶対にできません。だから、利益が残らないのです。ここからの脱却には、物を購入する場合、会社のお金ではなく自分のお金だと思うことです。ある会社の社員が、このようなことを言っていました。ETCが搭載されていない営業車の場合、自分の財布からお金を一時立て替えなければならないので、距離が近い時、高速道路に乗るのは止めて一般道を走るそうです。これは、自分の財布から、今、お金が出るのが嫌だからです。逆を言えば、ETCが搭載されていたら、高速道路に乗っていたのです。

 

また、ある会社で車両費の割合が高かったので、数ヵ月分の高速道路の領収書を調べたことがあります。その時、わずかな距離の高速道路の領収を見つけました。そこで、高速道路に乗った理由を社員に聞くと、楽だからと返答がありあした。

 

また、ある社員はボールペンが無くなり、直ぐに欲しかったという理由で、150円のボールペンを買いに、620円の高速代を払って近くの店を訪れていました。

 

このように文章で見ると、“え”っと疑問を持つ方は多いと思いますが、これが実際の会社の経費の使い方です。

 

会社のお金も自分のお金も同じと思えば、確実に経費は削減できます。また、それをチェックする機能も不可欠です。そうしないと会社には、お金は残りません。

この記事の著者

  • 野上 智之

    公立大学法人北九州市立大学卒業、大手システム会社を経て、教育研修会社での新規部門立上げや西日本責任者としての実践により、収支損益の黒字化と人財育成がなければ、企業は元気にならないという強い信念のもと中小企業に特化した経営コンサルタントに転身。現在も10社を担当し各地でセミナーや研修を実施したり、地域金融機関との連携を実施。行政書士試験合格、宅地建物取引士、動産評価アドバイザー(TAA)、中小企業庁ミラサポ専門派遣登録専門家、プッシュ型事業承継支援高度化事業登録専門家(中小企業庁)、再生支援ネットワーク会議メンバー(広島)

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう