経営相談

  1. ホーム
  2. > 経営相談
  3. > 銀行の「貸し渋り」「貸し剥がし」を経営者がそのまま受け入れてしまった!

銀行の「貸し渋り」「貸し剥がし」を経営者がそのまま受け入れてしまった!経営者ではなく、財務担当者が率先して「貸し渋り」や「貸し剥がし」対策を行う必要があります。 「貸し渋り」「貸し剥がし」 以前は融資してくれたのに 社長が銀行の言いなりになっている 融資が受けられなくて困る 銀行融資が厳しくなった

銀行融資についてこのような悩みをお持ちではないですか?

銀行の貸し渋りや貸し剥がしについて、近年よく耳にすることがあります。銀行融資についてこのような悩みをお持ちではないですか?

  • 以前は銀行から融資が受けられたが、最近は貸し渋りにあっている。
  • 銀行から、融資を一括で返すように、迫られている。
  • 最近銀行は融資を出すのに厳しくなったが、なぜそうなってしまったのか分からない。

こうした悩みに対しては、どのように対処するのが望ましいのでしょうか。

 

銀行の言うことを鵜呑みにしない

銀行の貸し渋りや貸し剥がしに関しては、以下のような理由から、銀行の言うことを鵜呑みにしないことが大切です。

 

貸し渋り、貸し剥がしを経営者にそのまま受け入れさせたら倒産してしまう。

貸し渋りとは、健全な債務者(資金の借り手)に対して、銀行が融資の条件を厳しくするなどして、融資に消極的になることを言います。また、すでに融資している資金を積極的に回収することを貸し剥がしと言います。

銀行が貸し渋りや貸し剥がしを行うと、中小企業は新規融資を断られたり、融資の継続を打ち切られたりして、銀行側からの資金供給が十分に受けられなくなります。すると、資金繰りがうまく機能しなくなり、最悪の場合倒産してしまいます。

 

銀行の言い分をそのまま受け入れないようにすることが大切

 

銀行はお金を「貸す側」ですので、当然強気で「貸しません」「返してください」と言ってきます。しかし、中小企業の多くは、「融資をしてもらわなくては困る」「すぐには返せない」という状況です。

 

銀行が貸し渋り・貸し剥がしをしてきた場合、財務経理担当者としては、経営者が銀行の言うことを「そのまま受け入れさせない」ことが何よりも重要です。

 

銀行の貸し渋り・貸し剝がしでお困りの方は「無料相談」をご利用下さい。

 

無料相談受付

 

銀行の言うことをそのまま受け入れせずに、貸し渋りや貸し剥がしのリスクを回避するには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

 

銀行の「貸し渋り」「貸し剥がし」を経営者がそのまま受け入れてしまった! 押えておきたい2つのポイント

銀行の貸し渋りや貸し剥がしのリスクを回避するには、以下の2つのポイントが重要となります。

 

Point.01

自社が銀行に「どう見られているか」を検討する

まず1つめのポイントとして、自社が銀行にどのようなイメージを与えているかを検討してみましょう。

 

担当の銀行員や専門家に、自社の評価を聞いてみる。

貸し渋りや貸し剥がしを行うには理由があります。まずは、担当の銀行員に、自社のことをどう見ているかを聞いてみるのが一番です。貸し渋りや貸し剥がしの理由として、自社の資金繰りに問題があることも多いです。

もしくは、税理士や公認会計士、財務コンサルタントなどの専門家に意見を聞いてみることも効果的です。経営者自身では自社の評価はしづらいものです。日々多くの会社を見ている専門家に相談してみることも重要です。

 

エクステンドがお手伝い出来ること

元銀行員の専門家が、銀行が御社をどう見ているかをアドバイスします。

元銀行員の専門家だからこそ分かる、銀行が企業を評価するポイントをもとに、御社の問題点を具体的に指摘し、貸し渋り、貸し剥がしの原因をつきとめ改善策をご提案します。

 

Point.02

銀行のせいにする前に、自社の状況を改善する

銀行の貸し渋りや貸し剥がしは決してよい行いとは言えませんが、そのような状況になってしまった点は改善の余地があると言えます。

 

企業として、資金不足や倒産を回避するための対策をすぐにとっていく。

大事なのは、銀行から貸し渋り、貸しはがしにあったら、銀行が悪いと言う以前に、企業として、資金不足に陥らないため、倒産を回避するための対策をすぐにとっていくことです。

「銀行融資に頼らない資金繰り」を財務経理担当者として考え、実行していく必要があります。

 

そのためには、貸し渋りや貸し剥がしになる原因をしっかりと突き止め、融資を受けられない状況でどう資金繰りをまわしていくか、計画を立てることが重要です。

 

エクステンドがお手伝い出来ること

元銀行員の専門家が、貸し渋り・貸し剥がしの改善をサポートします。

まとめ

銀行の貸し渋りとは、融資の条件を厳しくしてくるなどで、融資を受けづらくすることを、貸し剥がしはすでに受けている融資を積極的に回収しようとすることを指します。銀行の貸し渋りや貸し剥がしを素直に認める必要はありませんが、なぜそのような状況になったのかを検討し、資金繰りを早急に解決するのが賢い対処法と言えるでしょう。

 

エクステンドでは、元銀行員の専門家が貸し渋りや貸し剥がしの改善をサポートし、銀行目線でのアドバイスをご提案いたします。まずは下記バナー「無料相談」をご利用ください。またはフリーダイヤルより、お気軽にご連絡ください。

 

無料相談受付

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう