経営相談

  1. ホーム
  2. > 経営相談
  3. > 増え続ける粉飾決算の額・・・財務経理担当者として出来る事は?

増え続ける粉飾決算の額・・・財務経理担当者として出来る事は? 手遅れになる前に、経営者に「心を入れ替えさせる」。それが財務経理担当者の役割です。 
粉飾決算の恐怖 危機的状況を社長が分かってくれない 銀行にバレたら いつか大問題になるのでは 粉飾決算の額がどんどん膨らむ

粉飾決算についてこのような悩みをお持ちではないですか?

  • 長い間粉飾決算を行って融資を受けてきたが、最近それでも融資がうけられないくなってきた。
  • はじめは軽い気持ちで粉飾決算を行ったのが、ずるずると粉飾の額が大きくなってしまい、財務経理担当者としてこのままでよいのだろうかと不安だ。
  • 粉飾決算を行っていることをいつか銀行に打ち明けないといけないと思っているが、ついつい先延ばしにしてしまう。
  • 粉飾決算を行っていることを経営者は平気のようだが、財務経理担当者としては後ろめたい気持ちがしてならない。

粉飾決算は後々大問題になる

借金はどんどん膨らみ、悪循環の始まりです。

決算書を作成しない企業はありません。しかし、程度の差はあれども、粉飾を行ってしまっている中小企業が多いのも事実です。

粉飾決算は多くの場合、赤字を黒字に見せるために行われます。

赤字を無理に黒字に見せて融資を受けていることから、融資で得た資金は赤字補填にまわり、「借入金はどんどん膨らんでしまう」というのが粉飾決算を行っている企業に見られる傾向です。

結局は「問題の先送り」に過ぎず、いずれもっと大きな問題になります。

粉飾決算は結局「その場しのぎ」に過ぎません。

粉飾決算によって融資を受けた資金は結局赤字補填に回るため、どんどん粉飾決算の額が膨らみます。やがて、粉飾決算を行っても融資を受けられない時期が到来し、その時になって気づいてももう手遅れです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう