経営相談

  1. ホーム
  2. > 経営相談
  3. > 銀行への返済が延滞…どうにか資金繰りを改善させたい!

銀行への返済が延滞・・・どうにか資金繰りを改善させたい!返済額は減額できる。必要とされる資料を正確に作ることで、減額交渉が可能になります。 返済延滞の不安 延滞を続けるとどうなるの? 銀行にどう話せば分かってくれる? このままだと差押さえになる? ブラックリストに載ってしまう?

銀行への返済についてこのような悩みをお持ちではないですか?

  • 返済が延滞(遅延)しているが、銀行との話し合いを先延ばしにしている。
  • 返済に終われるばかりで、新規融資の目処もなく運転資金が不足している。
  • 返済額を軽減できると聞いたが、銀行と交渉する方法が分からない。

交渉次第で、返済金額は0円近くにできる!

銀行と交渉する体制作りが再生に繋がる。

返済が遅延すると倒産を心配する経営者の方は少なくありません。何もしなければ倒産は現実のものになりますが、きちんと対応すれば倒産は回避することができます。

しかし、対応の必要性はわかっていても、実際に何をすればいいのか分からず、弊社に相談に来るお客様が多いです。
銀行と明確に交渉が出来れば、返済金額を0円近くまで押さえることも可能です。

まずは銀行と交渉を行なう前に会社の現状を把握し、何をしなければならないのか洗い出すことが重要です。

 

銀行返済・資金繰りでお悩みの方は「無料相談」をご利用下さい。

 

無料相談受付

 

銀行への返済が延滞・・・どうにか資金繰りを改善させたい!押えておきたい2つのポイント

Point.01

返済の減額を依頼しても倒産にならない。

倒産回避の方法や知識を身につけることが重要。

倒産を回避するためにやれることは実際沢山あります。

大切なのは、倒産を回避するために何が出来るか知ることであり、経営者が率先してそれらを取り組んでいけば、倒産を回避することは可能です。

そのためにも、倒産してしまう前にどのようなことをやっておかなければならないかという知識を書籍等でしっかりと学ぶ必要があります。

エクステンドがお手伝い出来ること

倒産回避のための最適なアドバイスをします。

Point.02

会社の現状を把握する

今、会社がどのような状況か正確に伝えられなければ交渉は始まりません。

返済額の減額交渉を行なうには、資金管理体制を構築し「資金繰り表」を作成しなければなりません。また、資金繰りが改善することで事業再生が可能であることも証明しなければなりません。将来的に会社として、返済を再開するだけのポテンシャルがあるか伝えることが重要です。

弊社では、ただ資金繰りを改善し会社を延命させるのではなく、会社が永続的に成長出来る様に経営改善計画の立案までサポートします。

エクステンドがお手伝い出来ること

御社と2人3脚で返済減額を実施します。

エクステンドでは、経営者様からの無料相談を受け付けています。新たな資金調達を得たいや返済、資金繰りが苦しいなどのお悩みでしたらお気軽にご相談ください。まずは下記バナー「無料相談」をご利用ください。またはフリーダイヤルよりご連絡ください。

 

無料相談受付

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう