2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行員は経費削減第一主義

銀行員は経費削減第一主義

私は前職の銀行員時代や、現職のコンサルタントとして活動している時に、多くの銀行員と接してきましたが、企業の業績が悪化すると、銀行員が経営者にまず言うことは、

「御社は経費削減をどれだけ行っていますか?」

ではないでしょうか。

そもそも、企業が利益を増やすために考える基本事項は、次の3つです。

1.売上を増やす。
2.粗利率を高める。(粗利率=売上総利益÷売上高)
3.経費を下げる。

銀行員は、なぜか3の、経費を下げることばかりにフォーカスしてしまいます。

私も銀行員時代は、そうだったような気がします。

それはなぜか、考えてみました。

企業の経営者であれば、利益を増やすためには経費を削減するだけでは不十分である、ということは、当然分かっていることでしょう。

売上を増やし、粗利率を高め、ということを行わなければ、本当に利益は上がりません。

そもそも、企業の経営者であれば業績が厳しくなった時に、経費削減は既にやれるだけやっているのではないでしょうか。

ギリギリまで経費を削減している状態なのに、銀行員は試算表や決算書の数字だけみて(各勘定科目の中味や、それぞれの中味がどういう意味があるのかも考えないで)、「ここの経費、多くないですか?減らしましょう。」と言う傾向があるのです。

また、企業の売上を作るための経費、つまり人件費や、広告宣伝費など、ある程度かけなければならない費用があります。設備投資もあります。

もちろん、それらの費用は、それに見合ったリターンがその企業にもたらされなければ、無駄な経費、とうことになってしまいます。

人件費であれば、それぞれの社員一人一人が会社にどれだけの売上・利益をもたらしているのか。

広告宣伝費であれば、一回一回の広告が会社にどれだけの売上・利益をもたらしているのか。

設備投資であれば、その結果、将来どれだけの売上・利益をもたらすのか。

このようなことをしっかり検討した上でこれらの費用をかけることが重要なのは、経営者として当然、わきまえておかなければならないことでしょう。

話は逸れましたが、しかし銀行員は、広告宣伝費が前の期に比べ増えているのを見ると、ただそのことだけを見て、

「広告宣伝費が上がっているから下げなければならないですね。」

と言いがちです。

銀行員の、経費削減に関する傾向

1.各経費の詳しい中味まで見ないで、ただ決算書や試算表の数字だけを見て、「これは多い。」と言う。

2.経営者は多くの場合、もうすでにギリギリまで経費を削っているのに、そこを理解しないで「もっと経費削減!」と言う。

3.経費を削減することとともに企業の利益を増やす重要な要素である、どうやって売上を増やすか、どうやって粗利率を高めるか、には言及がない。

4.売上・利益を作っていく上で重要となる費用(人件費・広告宣伝費・設備投資等)があることを理解していない。

しかし、銀行員にこのような傾向があることは、仕方のないことです。銀行員は経営者となったことがなく、経営者感覚は分からない、のですから。

それであれば、銀行員にただ単に「経費をもっと削って下さい。」と言わせないための、経営計画や、現状の経費の内容の説明書などを、作って銀行に提出するとよいのではないでしょうか。

銀行員が分からないのであれば、分らせればよいのです。銀行に、あなたの会社について、もっと深く知ってもらえばよいのです。

またこれらの資料を作ることは、経営者にとって、自分自身の会社のことについて、深く分析していって、現状の状態を知ることにつながっていき、自分の会社へのメリットにもなります。

銀行とのつきあいを円滑にし、経営者自身も自身の会社を深く見つめなおすきっかけになるこの方法、やってみてはいかがでしょうか。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop