2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 役員借入金がある企業の決算書改善

役員借入金がある企業の決算書改善

ふくらんでしまった役員借入金

会社を経営していく中で、経営者やその家族が、やむをえず、会社の運転
資金等を会社に貸し付ているという事例は、弊社にご相談いただく中でも、
多く見られるケースです。

今まで貸し付けした金額がいくらかは、貸借対照表の「役員借入金」を見る
ことによって分かります。

 「会社の想定外の出費に対して、蓄えがなかった」

 「見込んでいた銀行融資が得られなかった」

このようなことが、役員から貸付が発生する原因ですが、その後、増えた
役員借入金を、どのようにして解消していくのか、が問題になります。

毎月、少しずつでも返済することで、減らしていければよいのですが、
一気に解消し、その結果、決算書の改善にもなる(そして銀行から融資を
受けやすくなる)手法として、

 ・債務免除
 ・デットエクイティスワップ

 この2つの手法があります。

1.債務免除

債務免除とは、会社に貸し付けている役員側から見れば債権放棄。つまり
役員が、会社に貸し付けている債権を、放棄することです。会社側から
見れば債務免除となります。

債務免除となると、損益計算書で債務免除益という特別利益が発生し、
その期の利益は大きくなります。

利益が上がるということは、税金に注意しなければならない、ということ
です。

決算書の改善に向け、債務免除益を出したはよいものの、それに対して課税
される税金が大きな出費となって、逆に資金繰りが立ち行かなくなる会社は
多くあります。

もしこの手法を行う場合、顧問の税理士の方に確認してみてください。

また、決算書はどう改善されるか。

債務免除を受けることで、損益計算書で利益が大きく上がり、貸借対照表の
純資産は増加するので、自己資本比率等、財務指標が良化します。

2.デットエクイティスワップ

負債である役員借入金を、資本金などの純資産に振り替える、という手法
です。

純資産が増加することにより、自己資本比率等、財務指標が良化します。

この手法を行う場合も、税金はどうなるか、顧問の税理士の方に確認して
みてください。

債務免除とデットエクイティスワップを比較してみる

では、債務免除とデットエクイティスワップとの違いについて、見てみます。

 1.費用

   デットエクイティスワップは、借入金の資本金等への振り替えのため、
   登記費用がかかります。その登記費用は、債務免除の方はありません。

   他、税金がどうなるかなど、トータルで、費用を見積もるとよいで
しょう。

 2.誰が株主となるか

   デットエクイティスワップは、借入金を資本金等に振り替えることを
   言います。

   ということは、貸付者が、株主になる、ということです。そこも踏まえ
   た上で、実行するかどうか、考えないといけません。

   同族会社であれば、問題となるケースが少ないです。

   一方、債務免除であれば、株主がどうなるか、は考えなくてもよくなり
ます。

役員借入金を、みなし純資産、と見る銀行も

みなし純資産とは、会社の負債のうち、役員借入金について、資本金と同じ
と考えることで、銀行が評価上の自己資本比率を引上げるなどして、会社の
財務内容を、銀行がより高く評価することを言います。

役員借入金が、みなし純資産と銀行から見られれば、債務免除やデット
エクイティスワップを行わなくても、同じ評価で銀行は見てくれることに
なります。

ただこれは、銀行の考え方によります。

債務免除やデットエクイティスワップに期待しすぎない

ここで、考えなければならないことは、債務免除やデットエクイティ
スワップなどの手法を使えば、今まで銀行からなかなか融資が受けられ
なかった会社が、必ず融資を受けられるようになる、というわけではない
ことです。

やはり、銀行から融資を受けやすくするには、しっかり経営改善を行って、
財務体質を良くしていくことが、王道です。

それを踏まえた上で、債務免除やデットエクイティスワップなどの手法を、
顧問の税理士の方と相談しながら考えてみるとよいのではないでしょうか。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop