2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
銀行とのつきあい方
  1. ホーム
  2. > 銀行とのつきあい方
  3. > 銀行と中小企業の立場は、もう同じ

銀行と中小企業の立場は、もう同じ

2017年2月15日号 「銀行とのつきあい方」

 

新しい銀行の取組みの中には単なるビジネスマッチングや
保険等の金融商品販売の他

 

・海外からの従業員の受入れの募集
・M&A仲介
・補助金、助成金の紹介

 

等も含まれています。担当者レベルの個人的な資質にも
依りますが、海外従業員の受入れ、は
私のお客さまでも複数検討されていて、導入決定している
企業もあります。

 

資金が落ち着いた後に顕在化するのは人の問題。
企業にとって有益ならば、銀行の新たな取組みに
乗っかってみるのも、問題はありません。

 

重ね重ね、「お付き合い」だけでなら不要ですけれど。

 

金融庁発表資料によると、2016年9月末時点での全国115銀行が持つ
不良債権残高は、7.9兆円と過去最低金額を更新した、とのこと。

 

2002年3月には43兆円以上あったことを思うと、
随分と減少したものです。

 

銀行の財務の健全性は、自己資本比率が最も重要とされており、
国際的な基準まで存在していますが、現在必要水準ギリギリ、という
銀行も見当たりません。
よって、銀行は今、一息ついている、といいますか、一息つきたい、
できるだけ先送りしたい、というのが本音なのでしょう。

 

忍び寄る危機に、いつまで目を背けていられる?

 

金融庁は、それを良しとしていません。
既に、国内銀行の4割は「本業で赤字」であり、
数年後には5割以上が本業赤字になるという試算が既にあります。

 

事業性評価による新たな融資の切り口も
金融仲介機能のベンチマークによる、金融庁の銀行評価の
新しい姿も、

 

金融庁が銀行に対して
「新たな取組みをもう始めないと、近い将来立ちゆかないよ?」
と考えていることの表れ、です。

 

本音としては
「状況が悪化してから何とか助けて、と言われても
膨大なコストがかかる」

 

といったところでしょうか。

 

金融庁は、長期戦を想定している

 

金融庁の銀行に対する今後の検査姿勢は

 

・銀行に自ら、取組み内容を提出させて、その推移を追う
・新たな評価手法、ビジネスモデルをもって
 これまでと異なる収益を上げることを求める
・地域経済や企業への貢献を求める

 

こととなっていますが、銀行はそのための「中期経営計画」を
発表、その推移・進捗を金融庁が追うことになります。

 

金融庁にとっては、今なかなか動こうとしない銀行に対しても

 

「今期は一旦銀行の言うことを聞いておいて
 来期以降に、計画と現実のギャップが出てきたところで詰めていく」

 

ことが狙いです。本格的な鍔迫り合いは、来期になるでしょう。

 

銀行が企業に求めるものと、同じ

 

一息ついて、先送りしたい銀行と
今すぐの改革を求める金融庁

 

これ、「銀行を企業に」「金融庁を銀行に」

 

言葉を変えると

 

一息ついて、先送りしたい企業と
今すぐの改革を求める銀行

 

となって、再生フェーズの企業と、銀行とで
起こっていることと同じですよね。

 

企業が経営改善計画を出して、その重要ポイントの進捗を
定期的に銀行がチェックしているのですから。

 

企業の計画と進捗報告が、より力を持つ

 

銀行は、チェックする側でありながら、
チェックされる側にもなる、ということです。

 

これまでは便宜的に
「計画書をなんとなく作ってさえいればよかった」
なんて言ってこられたのも、
融資先企業の計画が
結局どうなっているのか、チェックされることがなかったから。

 

銀行にとっては、随分と負担が増えることでしょう。

 

だからこそ、自ら説得力のある計画と、進捗報告できる企業は
より銀行を納得させ、間接的には裏側にいる金融庁を納得させ
有利な条件での経営を続けていける、ということになります。

 

なにしろ、銀行担当者が企業の計画の精度、内容を向上させる
ことは極めて困難なのに、金融庁から求められては
いるのですから
「はじめから素晴らしい計画と進捗状況がある」
企業は重宝されることになるのです。

 

執筆:今野 洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop