2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > リスケジュールの更新にあたって返済金額をどうするか

リスケジュールの更新にあたって返済金額をどうするか

【質問】

リスケジュールした後の返済の仕方について教えてください。
リスケジュールの後、リストラなどとりあえず利益がでるような体制になり、リスケジュールの期限が到来したら、どのような返済のしかたが望ましいのかを知りたいです。

以前のように売上が回復しないなりにも、多少利益をだして返済できるようになっても、ずっと安定的に売上と利益がだせるかは不明な点があります。

新たな借り入れができないので、慎重に返済を進めていかなければなりませんが、そういった状態の時にどういう返済の方法があるか?です。

ある銀行から、積立していって、大丈夫となれば、返済していくといった方法を提案されましたが、他の銀行は返し始めるかリスケジュールを延長するかのどちらかという回答でした。無理なく、返済していける方法を教えてください。

(S様)

【回答】

資金繰りは、言うまでもなく「入と出」のバランスです。「入」、つまり事業で稼ぐ現金をできるだけ多くし、「出」、つまり返済などで出ていってしまう現金をできるだけ少なくすることを、徹底することです。

つまり、早急に利益が出る体制を築き、事業で稼ぐ現金を多くすることはもちろんですが、一方の「出」は、できるだけ少なくし、その分、あなたの会社の手元に残る現金を多くしていくべきです。

例えば、毎月稼ぐ現金(キャッシュフロー)が50万円となり、一方で返済がリスケジュールを行っていて10万円に抑えているのであったら、リスケジュールの更新にあたって、キャッシュフローが50万円あるからと返済を50万円にするべきではありません。

あくまで現状維持、つまり毎月10万円の返済で続けてほしいと銀行に粘り強く交渉し、それで毎月浮く40万円を、手元でためていくべきです。

そうすると、毎月のキャッシュフロー50万円が、利益の減少などで維持できなくても、余裕をもって返済できますし、毎月のキャッシュフローを維持できるのなら、手元に現金をためていくことによって、何かあっても対応しやすいように現金を確保しておくことができます。

また手元にためた現金は、会社の再生のための資金としても使うことができます。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop