コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 融資希望金額の根拠は?

融資希望金額の根拠は?

銀行員時代、いろいろな会社から融資の申込みを受けていましたが、申込み時には、融資希望金額も聞きます。

しかし、融資希望金額の根拠を聞いて、答えられない会社が多くありました。

銀行は、よほどの優良企業でないかぎり、融資希望金額に、根拠を求めてきます。言っただけ借りられる、というわけではないのです。

資金調達コンサルタントを行っている現在でも、「700万円がほしい」「25万円がほしい」というように、相談を多くいただきますが、金額の根拠をはっきりしてもらうようにお伝えしています。一時しのぎで借りても、すぐに資金繰りが詰まってしまいます。1年分くらいの資金繰りを考えた上で、融資希望金額を考えるべきです。

では、根拠はどうやって考え出すのでしょうか。

基本的に、運転資金は資金繰り表で、設備資金は設備の見積書などで根拠が分かります。

そういった書類を銀行に提出し、それを根拠にすれば十分です。

たったそれだけのことで、銀行は納得し、根拠がない場合より、ずっと積極的に融資審査を行ってくれます。

簡単なようですが、融資審査通過に近づくためのテクニックですので、実行してみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう