コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 法人と個人事業主の融資の受けやすさ

法人と個人事業主の融資の受けやすさ

個人事業主の方から、よく、融資を受けたいがどうしたらよいか?という相談を受けます。
個人事業主の方が融資を受けるために、一番いい方法、それは法人成りをすることです。

個人事業主の方は、銀行でプロパー資金を借りられるのは、難しいです。信用保証協会の保証付が前提になります。

しかし、法人ですと、同じ業績でも、プロパー資金が借りやすくなりますし、また保証協会の保証がつく金額も、大きくなる傾向にあります。

法人にしている方が、金融機関にとって信用が高いからです。

また、今は都市銀行中心に「ビジネスローン」が多く推進されていますが、ほとんどのビジネスローンは、「法人」であることが条件とされています。

法人は、「ビジネスローン」でどんどん融資を受けています。個人事業主であるばかりに、融資を受けられないことが多いです。

法人と個人事業主で、税金がどちらが得かなど、税理士と相談しなければならないこともありますが、融資を受けられる体制を整えておくには、仮に税金面で損しても、「法人」にしておいた方がよいです。

株式会社を設立するにも、費用は25万円程度、有限会社でしたらもっと安く法人を設立することができます。

今後、融資を受けられる体制を整えておきたいのなら、法人になっておいてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう