コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 売掛金を割引手形のように使う

売掛金を割引手形のように使う

売掛債権も、割引手形のように使うことができることってご存知ですか?

売掛債権担保融資といって、売掛金を担保に、融資を受けることができるのです。

当然、売掛先の信用力は影響してきますし、またその売掛先との間に「債権譲渡禁止特約」つまり、売掛金は第3者に譲渡してはだめという特約があれば、この方法は使えません。

また、担保なので、掛け目が決められます。

1億円の売掛金があるからといって、1億円の融資が受けられるわけではなく、掛け目がどれだけに設定されるかによって、受けられる融資金額は異なってきます。

また、売掛金は、多くの会社では、残高はある程度一定の水準になります。

ということは、売掛金の残高があるかぎりは、ずっと借入している状態にすることができます。そうなると返済を考える必要がなくなるのです。

資金繰りに、とても貢献します。

ただ、やはり審査はあります。絶対できるわけではありません。

しかし、新たな担保として売掛金が使えるということで、資金調達の手段がなくなった企業にとっては特に重宝する方法ではないでしょうか。

この方法は、信用保証協会で制度として使うことができます。

また、ノンバンクでも取り扱っているところがあります。

資金調達の方法の一つとして、このような方法があることをぜひ覚えておいてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう