コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 在庫管理は5Sが最初

在庫管理は5Sが最初

在庫というと、大半の企業様があると回答されるのではないでしょうか?

その在庫をどのように管理していくのか5Sを基に情報提供させて頂きます。

在庫管理をおこなう場合の基本は何でしょうか?
一番最初に何をおこないますか?

・仕組つくりですか?
・管理表?

まず、5Sをおこなう必要があります。

皆さん5Sという言葉は、ご存じだと思います。

在庫管理は5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が最初です。

整理(せいり:Seiri)
整頓(せいとん:Seiton)
清掃(せいそう:Seisou)
清潔(せいけつ:Seiketsu)
躾(しつけ:Shitsuke)

全部最初の頭文字が、Sで始まります。

これは、どの業界でも同じですし、家庭でも同じですね。

それぞれに定義があります。

・整理(せいり:Seiri)

「いるもの」と「いらないもの」を区分していらないものは捨てることです。
整理のうまい人は捨てるのが上手です。

・整頓(せいとん:Seiton)

要るものを素早く取り出せるように置き場所、数量、置き方を決めることです。

・清掃(せいそう:Seisou)

身の回りや職場を掃除し、ゴミなし、汚れなしの状態にして、同時に点検することです。
ゴミがあると、品物に混入したりして商品の品質が悪くなる場合もありますので清掃は必要です。

・清潔(せいけつ:Seiketsu)

ゴミなし、汚れなしの状態を保つことです。
綺麗に保と事が重要です。

・躾(しつけ:Shitsuke)

整理・整頓・清掃・清潔が計画通りに実行され習慣となることです。
習慣にすることが大事ですね。

この5Sが行われることによりいろいろなメリットがでてきます。

会社の意識を変えることで大きな効果が得られます。

無駄なスペースがなくなります。
スペースをなくすことで家賃などの費用を抑えることができます。
在庫の回転率が向上します。
素早く現品を取り出せるようになります。
モノの移動が安全でやりやすくなります。
管理が単純になります。

などです。

5Sをおこなうことにより、どこにどんな在庫があるか簡単にわかるようになります。
5Sの効果を認識し、実行する頃で意識を変えていくことは、非常に大切な事です。
まず、5Sを行いましょう!

執筆:小林憲司

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう