コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 売上原価を考える、知ることは、非常に重要です。

売上原価を考える、知ることは、非常に重要です。

売上原価とという言葉を日頃、よく聞かれていることと思います。原価を考える、知ることは、非常に重要です。

 

今回は、『売上原価』について説明します。

 

製造原価は、製品を製造する原価です。製造の費用ということです。製造した製品は、販売して売上にする必要があります。売上原価は、「販売したものに対応した原価」です。

 

例えば、1個の製造原価が、10万円で製造したものを20万円で販売するとします。100個製造しても、70個しか売れなかったらどうなるでしょうか?

 

売上は、20万円 X 70個 = 1,400万円です。

 

でも、30個は、売れなくて在庫になりますですので、売上に対する製造費用は、70個分になります。

 

製造費用は、10万円 X 70個 = 700万円です。

 

売上に対する利益1,400万円 ー 700万円 = 700万円になります。在庫を考える必要があります。

 

実際の売上原価には、一般販売管理費がプラスされています。

 

在庫を考えた売上原価の計算式
売上原価 = 期首棚卸高 + 当期売上原価 ー 期末棚卸高

 

在庫を考慮して売上原価を計算します。

 

製造業の在庫は、原材料や部品、仕掛品、完成品などがあります。それぞれの原価は異なっていますので、在庫がある場合には、いくらの価値になるかを計算をする必要になります。

 

これを棚卸資産の評価と呼んでいます。

 

決算時では、決算の始めの日付の在庫の評価額を「期首棚卸高」と呼びます。

 

決算の終わり日付の在庫の評価額を「期末棚卸高」と呼びます。

 

これを使用して、売上に対応した、売上原価を計算します。

※皆様の原価管理方法の改善ヒントにして頂ければ幸いです。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう