コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 事業計画作成に、原価も経費も見直そう

事業計画作成に、原価も経費も見直そう

値上げ、値上げ、値上げ

原油、小麦、綿、木材といった、輸送や原材料に関わる品目の値上げはもはや説明する必要も無いほど知られたものになりました。この1年から2年で、モノによって異なりますが5回以上・3割以上の値上げが行われており、ラーメン一人前も650円以下で出すには何か特殊な事情がないと困難な世の中になりました。

 

この状況下ではありますが、コロナの影響は少しずつ軽くなっていることから、これからの売上や利益の回復を見込み事業計画を作成しようとしている中小企業は多いです。

 

やってはいけない、なんてことはありません。これからの世情に対して、事業がどれだけの収益を出し得るのか推し量っておくことは大事なことです。

 

ただ、改めてご留意いただきたいことがありまして

 

本メルマガではよく

 

・余程市場が拡大する裏付けがない限り、売上の計画値を無理に拡大する必要はない

 

ことに触れてきましたが、原価や経費についても念の為確認しておこうと想います。

原価について

仕入原価で値上げされているもの・値上げが予想できるものは、余裕をもって原価増に織り込んでおくべきなのはもちろんですが、関連する製造経費、例えば運送費(燃料費等も)や光熱費も今までと同じ、と考えるのは難しい情勢です。

 

例えば光熱費は、電気代を中心に数10%もの値上げの可能性があり工場等で多くの電力を使用している会社の場合は特に、単純に「売上からの比率としてこれまでと同じ水準」とした考え方は、ちょっと現実と合わなくなってきました。

販売管理費について

車両費、旅費交通費等の原油に関連するものについては原価と同様ですが、他にも増加要因が強いものは

 

・給与(特に最低時給に合わせいる会社の場合は、最低時給の上昇に合わせる、等)

 

・法定福利費(社会保険の負担増の有無確認)

 

・消耗品(同じ購入量の場合、概ね単価は上がっている)

 

等が挙げられ、これらの負担増に対応できるだけの利益を出していくことができるだろうか?という目線で収益力を計り、向上させていけるかどうかをポイントにしなくてはなりません。

さらに波及が続く

さらに、これから心配なのは、原油・小麦・綿・木材等から波及した値上げも始まっていくことです。例えば、綿の価格が上がる→生地の価格が上がる→服飾品の価格が上がるわけですが、服飾品の場合は染料の値段も上がっている(染料の生産には大量のエネルギー=原油が要る)ため、生産途中の加工コストもまた上がっている、、、という具合で値上げしてしまった品目のみ考えていても足りないことが問題を根深くしています。

 

損益計算書の売上原価や販売管理費の項目をみて考えるだけではなく、会社の生産プロセスから、各プロセスでの行動や投入物を捉えていかないと、把握していくのは困難ではないか、と感じています。

 

事業計画の作成は、会社にとって必要な収益がどれほどか、それをどのように出すのか、のモデルづくりを行う機能がありますから、自社の正しい販売価格設定のためにも、原価や経費の予測は欠かせません、どうか慎重にご検討ください。

この記事の著者

  • 今野 洋之

    1998年さくら銀行(現三井住友銀行)入行。6年間で一般的な融資から市場取引、デリバティブ等広範な金融商品を多数取扱う。その後、企業側での財務経理責任者としてM&Aを実施、フリーとしての活動を経て2008年に当社入社。 相談・面談件数は全国で1100件以上、メルマガや雑誌等の記事執筆からメディアからの取材対応も多数。 一般的な金融取引の見直し、借入の無保証化、銀行取引の見直しによるコスト削減を一企業で年間8百万円以上達成。 粉飾開示と同時の返済条件変更依頼、条件変更中の新規融資実行も多数実施し、変則的な条件変更(一部金融機関のみの条件変更)の実行や、事業譲渡による再生資金の調達、事業を整理する企業の上記を全て、法制度・コンプライアンスの抵触なしに履行。

新商品のご案内

月額9,900円サブスクコンサル
ダイトリ」5大サービス

①すぐに使える経営知識・情報動画の視聴
②経営コンサルタントによる相談サポート
③人気セミナー含むセミナー無料招待
④教材・マニュアルがいつでも40%OFF
⑤社長の専門学校も利用可能

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう