コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 旧会社と銀行との関係からの影響を最小限にする新会社の作り方

旧会社と銀行との関係からの影響を最小限にする新会社の作り方

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

当社は建築業をしています。主にハウスメーカーの下請け工事です。

 

父親が代表のときの借金があり(現在の返済は金利のみ)融資が受けられない状況だったため、母親名義で別法人を5年前に立ち上げました。

私はハウスメーカーに勤めていて、1年半前から家業を手伝っているのですが、先日運転資金の借入れを申し込んだところ、保証協会の審査で落ちてしまいました。

 

S銀行さんの話では売上等では問題はないとのことでした。

 

やはり、同一の住所で、家族が経営している赤字の会社があると融資は難しいのでしょうか。(F様)

【回答】

新会社を作る時の鉄則は、旧会社の

 

1.役員
2.株主
3.保証人

 

を全く切り離して作るとともに、同じ住所にしてしまってはだめです。

 

そうしないと旧会社で融資が受けられないから融資を受けられるように新会社を作ったのだろうと信用保証協会に見透かされてしまい、融資を受けることは困難になります。

新商品のご案内

銀行とのつきあい方大全Vol.4

プロパー融資の受け方

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop