コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > リスケジュールの更新にあたって返済金額をどうするか

リスケジュールの更新にあたって返済金額をどうするか

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

リスケジュールした後の返済の仕方について教えてください。
リスケジュールの後、リストラなどとりあえず利益がでるような体制になり、リスケジュールの期限が到来したら、どのような返済のしかたが望ましいのかを知りたいです。

 

以前のように売上が回復しないなりにも、多少利益をだして返済できるようになっても、ずっと安定的に売上と利益がだせるかは不明な点があります。

 

新たな借り入れができないので、慎重に返済を進めていかなければなりませんが、そういった状態の時にどういう返済の方法があるか?です。(S様)

【回答】

資金繰りは、言うまでもなく「入と出」のバランスです。「入」、つまり事業で稼ぐ現金をできるだけ多くし、「出」、つまり返済などで出ていってしまう現金をできるだけ少なくすることを、徹底することです。

 

つまり、早急に利益が出る体制を築き、事業で稼ぐ現金を多くすることはもちろんですが、一方の「出」は、できるだけ少なくし、その分、あなたの会社の手元に残る現金を多くしていくべきです。

 

例えば、毎月稼ぐ現金(キャッシュフロー)が50万円となり、一方で返済がリスケジュールを行っていて10万円に抑えているのであったら、リスケジュールの更新にあたって、キャッシュフローが50万円あるからと返済を50万円にするべきではありません。

 

あくまで現状維持、つまり毎月10万円の返済で続けてほしいと銀行に粘り強く交渉し、それで毎月浮く40万円を、手元でためていくべきです。

 

そうすると、毎月のキャッシュフロー50万円が、利益の減少などで維持できなくても、余裕をもって返済できますし、毎月のキャッシュフローを維持できるのなら、手元に現金をためていくことによって、何かあっても対応しやすいように現金を確保しておくことができます。

 

また手元にためた現金は、会社の再生のための資金としても使うことができます。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう