コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 個人の収益物件購入のための借入が難しいことについて

個人の収益物件購入のための借入が難しいことについて

【質問】

個人の収益物件購入のための借入は難しいことについて。 確かに現実はそのとおりだと思います。

ワンルーム投資のための融資なども、「スルガ」や「りそな」など一部では提携している所もあるようですが、殆どはノンバンクですね。担保もあり、家賃収入などを考えるとリスクはそれ程高くなさそうですが、どうして貸し出しをしないのでしょうか?

住宅ローンは派手に宣伝しているのに、どうも理解できません。
ワンルーム投資などは、銀行の目から見るとリスクが多過ぎて貸せないということなのでしょうか?

【回答】

住宅ローンと、アパート購入のための融資、その2つには大きな違いがあります。

住宅ローンは、住宅を購入するために組むものであり、その返済のもととなるのは、サラリーマンで言えば給料です。

住宅の資金は生活費であり、返済の源泉は給料に求められます。

アパート購入のための融資は、返済のもとは賃貸収入です。毎月の返済額を上回る賃貸収入がなければなりません。

特にワンルームマンションの投資の場合、1つの部屋に借り手がつくかつかないか、二つに一つです。

もし部屋の借り手がいない場合、返済の源泉がないことになります。銀行は、そのリスクに及び腰になります。

そのため、銀行が融資できない分野をねらう、ノンバンクからの融資が多くなります。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう