コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 住宅ローンの金利で注意すべき点

住宅ローンの金利で注意すべき点

【質問】

私の住宅ローン契約では、変動金利が長期プライムレート連動となっています。

このため、1.5%という利率となり、3年の固定金利の2.0%と比較すると大変得です。
また、固定金利には、いつでも変更できることを考えると、変動金利を選んだ方が得と思っていますが、注意すべき点はありますか?

(I様51歳)

【回答】

長期プライムレートは、みずほコーポレート銀行債券(5年物利付金融債)の表面利率に0.9%上乗せした金利に設定されるのが一般的ですので、その動きを見る必要があります。

その表面利率はどのように決まるのかというと、5年物の国債の利回りに、みずほコーポレート銀行の信用リスク分、金利を上乗せします。

みずほコーポレート銀行のリスクを金利に換算することはなかなか難しいので、5年物の国債の利回り水準をチェックしておけばよいでしょう。

簡単に言いますと、将来金利が上昇すると見込めば固定金利を選択、そうでなければ変動金利を選択してください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう