コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 商工ローンから借りていると銀行融資は出ない?

商工ローンから借りていると銀行融資は出ない?

【質問】

現在、弊社では銀行からの借入を考えておりますが、銀行から借り入れできない場合も考えて、商工ローンにも審査をお願いしました。

商工ローンの審査はすぐに下りたのですが、銀行の担当者は「商工ローンから借りると、データが残ってしまい、今後銀行からの融資が難しくなる」ということをおっしゃっていました。これは本当なのでしょうか?

【回答】

銀行からの融資は3つに分けて考えてみてください。

1.政府系金融機関(国民生活金融公庫等)や信用保証協会保証付の融資
2.銀行のプロパー融資(信用保証協会の保証を付けない銀行独自の融資)
3.銀行のビジネスローン(コンピュータ審査の融資。保証会社の保証があるものも含む)

銀行の融資審査にあたっては、代表者の個人信用情報が見られるかどうかがカギとなります。
会社が商工ローンから借りているかどうかの情報は、代表者の個人信用情報を通じて分かってしまうことになります。

会社が商工ローンで融資を受けると、ほとんどの場合、代表者はその保証人となりますが、「代表者が、商工ローン○○社から借りている会社の保証人となった」という情報が、代表者の個人信用情報で載ることになります。

その情報を銀行に見られると、商工ローンから借りていることが分かってしまい、当然、融資審査は厳しくなります。

そこで、個人信用情報が見られてしまうのかどうかがカギとなります。

銀行からの融資といってもいろいろありますが、前述の3つのパターンに分けて考えてみます。

1の場合、政府系金融機関や信用保証協会は、信用情報をほとんど見ない(見ることはできるが見ない)です。
そのため、商工ローンから借りていても政府系金融機関や信用保証協会保証付の融資を受けられることは多いです。

2の場合、銀行のプロパー融資の審査においても、信用情報を見ないことは多い(見ることはできるが見ない)です。
そのため、銀行のプロパー融資の場合、商工ローンから借りていても融資を受けられることは多いです。

3の場合、ビジネスローンの審査においてはほとんどの場合、代表者個人の信用情報を見ます。
そのため、商工ローンから借りていると、その事実がビジネスローンの融資審査に響いてしまいます。

このように、商工ローンから融資を受けていることは、政府系金融機関からの融資、信用保証協会保証付融資、銀行のプロパー融資では影響が少ないことは多いのですが、銀行のビジネスローンでは、影響が出ることは多い、ということになります。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう