コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 新規創業に向けて信用をつけるには?

新規創業に向けて信用をつけるには?

【質問】

新規創業に向けて、現在、毎月定額預けていますが、法人を設立する際に信用となりますか?

(G様)

【回答】

定期的な積立と、新規創業のための信用は、全く別個のものです。
新規創業は、どのようにしても、信用はゼロからのスタートになります。

新規創業においては、「事業」としての信用はゼロです。ただ自己資金が多い状態で創業すれば、その自己資金で多少の信用となり、そういう面から見ると、定期的な積立は自己資金を大きくしていくことであり、やっておいた方がよいでしょう。

また銀行は、企業の将来性よりも、過去の実績を重視するので、事業の実績をつけるまでは、日本政策金融公庫で資金調達を行います。そこの新規創業融資は、自己資金の2倍までが融資額の目安です。

そしてある程度事業の実績をつけたら、資金調達の重心を銀行に移し、信用保証協会保証付融資→プロパー融資(保証協会の保証がつかない融資)というように、ステップアップしていってください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう