コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > リスケ中の企業に銀行は全面借替してくれるのか

リスケ中の企業に銀行は全面借替してくれるのか

メルマガ読者とのQ&A

【質問】

会計事務所を営んでいます。リスケジュールを始めた後、経営改善後、正常先として新規の融資を受けることができるようになる方法を教えて下さい。元の返済ペースに戻すこと以外に私が聞いたのは、融資残高が年間キャッシュフローの10年以内に収まってくれば、銀行によっては他行分も含めたところでの全面借替に応じてくれる可能性がある、というものです。

 

もしそうであれば、それを視野に入れたリスケ脱出計画を具体的にお客様に提案することができます。いかがでしょうか?(M様)

【回答】

全面借替となれば、その後は正常返済になるので、企業の状況によっては、全面借替に応じてくれる銀行もあります。

 

しかし全面借替というのは、とてもハードルが高いことです。複数の銀行ではなく、一銀行がその企業の全てをになうことになるのですから。企業が将来、優良な企業になるという確信を銀行が持ち、またその企業とつきあうメリットを銀行がよほど感じるのでないかぎり、全面借替のケースはなかなかないでしょう。

 

そのため、全面借替を視野に入れたリスケジュール脱出計画は、絵に描いた餅となることの覚悟を持って、お客様に提案してください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう