コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 日本政策金融公庫と保証協会の融資について

日本政策金融公庫と保証協会の融資について

2012年7月6日

【質問】

1.弊社は未だリスケジュールは行っておりませんが、そうした状況になった
 場合、日本政策金融公庫からの融資はリスケジュールの対象になり得るのか?

2.中小企業保証協会絡みで都市銀行から融資を受けている場合、銀行は
 融資残額の何%位のリスクを負っているのでしょうか?

 企業が自己破産した場合の銀行自体の債権回収は銀行が負担する%を
 求めてくるのでしょうか?
(U様)

 

【回答】

1.
日本政策金融公庫からの借入につきましてもリスケジュールの対象になります。
リスケジュールは中小企業金融円滑化法があるから出来るのではなく、企業
の資金繰り実態を把握した上で、金融機関に返済条件の変更を申し入れる事
ですので、民間金融機関のみならず、日本政策金融公庫からの借入につきま
してもリスケジュールの対象になります。

2.
保証協会は平成19年10月1日より原則として責任共有制度を採用してます
ので、保証協会:金融機関=80:20の割合での保証となっています。
ただし、一部の保証については、政策的に保証協会が100%保証している
ものもあります。

また、自己破産された場合は、銀行は自行の保有する債権額全額の支払いを
求めてきます。ただし、自己破産の手続きに入りますと、御社が所有する
資産を全て換金し、これを各債権者の債権残高に応じて配分する事になります。
通常、銀行が請求してくる金額全額の配当を銀行が受け取る事は出来ず、
金融機関がどれだけ配当を受けるかは事例に応じて異なる事になります。

無料メールマガジン

  • 銀行との付き合い方

  • 創業期支援

  • 成長期支援

  • 再生期支援

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

決算書や担保・保証に頼らない資金調達
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒104-0061 東京都中央区銀座7-17-2
アーク銀座ビルディング 6階  
TEL:03-5565-8622 FAX:03-6740-1866
  
pagetop