コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 事業承継に関するよくある質問
  4. > 息子に承継する際、古参社員はどのように対応したらよいでしょうか?

息子に承継する際、古参社員はどのように対応したらよいでしょうか?

事業承継に関するよくある質問

質問

息子に承継する際、古参社員はどのように対応したらよいでしょうか?

回答

古参社員が後継者を幼少期から知っている場合、古参社員にとって後継者は子供のように感じます。後継者もとってもお世話になったお兄さんという存在でしょう。

 

後継者が事業を継承した後もそのようなイメージでお互いに接していると、ある日を境に経営に対する意見が衝突する場面がでてくる可能性が高いです。

 

そのような衝突を避けるため、後継者を支援する古参社員だけを残し、他の古参社員は経営者と同時に引退してもらうことが望ましいです。

事業承継に関するよくある質問一覧

事業承継、特に親族内承継に関する頂いた質問に対して、専属コンサルタントが回答しております。ご参考になれば幸いです。

 

⇒ 事業承継に関するよくある質問一覧はこちら

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう