コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > M&A(事業承継)
  4. > あたり前の経営管理、どうする?

あたり前の経営管理、どうする?

いきなりですが、以下をご覧ください。

あたり前の経営管理、どうする?

  • 定款
  • 履歴事項全部証明書
  • 株主名簿(誰が何株もっているか?株主間の関係、株券の発行未発行、株券の所在の確認)
  • 決算書一式 3期〜5期分
  • 直近月までの月次残高試算表
  • エリア別、店舗別、製品・サービス別の月次収支
  • 事業計画(収益予想)
  • 借入・未払残高一覧
  • リース支払い予定表
  • 規定集(就業、給与・報酬、賞与、退職金)
  • 議事録集
  • 賃貸借契約書
  • 重要な取引先との契約書(金融機関との契約、リース契約も含む)
  • 雇用契約
  • 会社案内、パンフレット
  • 給与台帳或いは給与明細(半年間分〜1年間分)
  • ビジネスモデル(ビジネスフロー)
  • 組織図(キーパーソン)
  • 従業員名簿(性別・資格・役割・年齢・入社歴・社保有無など)
  • 給与台帳
  • 代表者略歴
  • 不動産がある場合不動産評価証明・不動産登記簿謄本など
  • その他業界特有の資料

 

上記は、通常M&Aで事業・企業を譲渡(売却)しようとした場合に、売主様が用意しなければならない(=提出を求められる)基本的な書類です。

 

最初に一括で提出しなければならないというものではありませんが、原則、全て提出する必要があるものです。

 

「たくさんあるなぁ〜」「大変だなぁ〜」

 

とお感じになりましたか?

 

でも、よ〜くご覧ください。特別なもの、特別に難しいものってありませんよね?

 

上記をM&Aで事業・企業を譲渡する場合に必要な、提出を求められる書類として紹介しましたが、ちょっと待ってください。これらの書類、それだけではありません。いや、むしろ、M&A時に提出するなんて副次的な効果です。

 

これらの書類をいつ、どんな状況でも、必要な場合には、提出できるようにしておく。これの本当の意味は、M&A云々ではなく ”経営管理への第一歩”だと思います。

 

経営管理ってどうすれば?と思ったら、まず、実践してみてください。

 

上記ごとにファイルを作成する

これらの書類が更新されるごとにファイルを更新する

差異、変化があるものは分析する(その原因と対策を考える)

対策行動をとる

 

これを繰り返す。

 

難しいこと考えすぎて、頭でっかちになりすぎて、何から手をつけたらいいか。。。。と思っていたら、まず、上記を第三者に提出すると仮定して、実際にファイリングして、キレイに並べてみましょう。(月次残高試算表を作成していなかったら、作成するようにしましょう)きっと何か感じるはずです!

 

さて、ZOOMなどオンラインによる無料M&A相談会始まっています。このようなお悩みをお持ちの経営者様は、是非お申込みください!

 

  • ① 後継者不在など会社経営の先行き不安を感じ、選択肢の1つとして、M&Aについて基本的な進め方を確認しておきたい。
  • ② 経営強化を図るため、大手企業などとの提携したい。
  • ③ M&Aを進めているがセカンドオピニオンを聞きたい
  • ④ まだまだ、検討の初期段階なので、初歩的なことを遠慮なく聞きたい

 

お申込みは以下よりお願いします!

 

https://www.extend-ma.co.jp/c28548/

 

お気軽お申込みください!

この記事の著者

  • 松原 良太

    ・青山学院大学経済学部 卒業
    ・オーストラリアボンド大学 大学院 経営学修士課程(MBA)修了。
    ・財団法人日本M&Aアドバイザー協会 代表理事
    ・株式会社ビザイン 代表取締役パートナー
    ・AMD capital management 株式会社 代表取締役
    ・株式会社ビザイン・ファミリー・アドバイザーズ 取締役
    ・近著(共著):この1冊でわかる-M-A実務のプロセスとポイント

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る
元銀行員が教える
「銀行とのつきあい方大全」
全10巻シリーズ!
豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう