2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 含み損益表

含み損益表

含み損益表

銀行では、「含み損益表」なる書類を作っています。

これはどのようなものかというと、融資をしている企業からもらった決算書の実態を見るために、資産の各項目が本当に実際の価値を表しているか、調べるためのものです。

特に、詳しく含み損益を調べられやすい項目は、以下のものです。

・有価証券

株式、投資信託などがあれば、時価に換算して含み益があるのか含み損があるのかを調べる。

・土地

路線価・基準地・標準地などによって地価を調べ、企業が持っている土地は時価に直すとどれくらいで、含み損益があるかを調べる。

・貸付金

企業は、子会社、代表者、従業員などに貸付をしている場合、その貸付金は本当に返ってくる可能性があるのか、きちんと返済されるために、根拠(契約書の有無、実際の返済の有無)があるのかを調べ、返ってくる可能性がないと判断されれば、含み損となる。

・受取手形・売掛金・未収入金など

その中に、倒産した企業のものがあれば、当然含み損とされる。決算書上の資本勘定から、以上の例によって算出された含み損益を加減して、実際は資本はどれくらいあるのかを計算します。

決算書上の資本はプラスでも、含み損益を加減すると債務超過となってしまう企業は大変です。それで要注意先となってしまうこともよくあります。

銀行は、含み損益表を作るために、企業に決算書の付属明細の提出を要求します。提出を拒めば、あやしい資産項目は含み損と見なされる可能性は高いので充分な注意が必要です。

何事も、お金を借りるにあたって情報開示を続けることは必要ですよ。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop