2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 当期利益より経常利益を重視せよ

当期利益より経常利益を重視せよ

当期利益より経常利益を重視せよ

銀行が企業の決算書で注意して見るところの一つに、利益があります。

利益といっても、いろいろあります。売上総利益・営業利益・経常利益・当期利益。

この中で、銀行が一番重視する利益は何だと思いますか?最終利益である当期利益が重視されると思われる方が多いのですが、銀行は経常利益を一番重視します。

経常利益とは、企業が通常の業務で稼ぐことのできる利益を意味します。当期利益は、例えば工場が火事で燃えたために損失を出したとか、特別な事情による利益・損失も含んでしまいます。そのため、企業が通常の業務で稼ぐことのできる利益である経常利益を、企業の実力を測るバロメーターとして、銀行は一番重視します。

企業の決算書でよく見受けられるものに、経常利益赤字、それを、役員借入金の債務免除益を特別利益に計上し、当期利益を黒字にする、というものがあります。この場合、銀行にとっては、当期利益が黒字だからといって、企業の評価が上がることは全くありません。

また、よく役員退職金を特別損失で計上するのではなく営業外損失で計上する企業があります。こうすると、経常利益が大きく下がる、もしくは赤字化する可能性があるので、絶対役員退職金は特別損失としてください。

経常利益が良い数字となるように、企業の経営者もしくは経理の方は、顧問税理士・会計士とよく打ち合わせしてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop