2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > このような社長は・・・

このような社長は・・・

銀行は、企業から融資を申し込まれたあと、その企業に融資をしてもいいものかどうか、「審査」を行います。

審査を行うためには、「稟議書」という書類を担当の銀行員が作らなければなりません。稟議書が支店内で回されたり、また本部に回されたりして、融資を出すか出さないか、また融資を出すにあたってどのような条件(金額・期間・金利・保証人・担保など)にするかが銀行内で審査されます。

担当の銀行員は稟議書を書くために、融資を申し込んできた企業に関するいろいろな資料をそろえたり、社長に、自社のことについていろいろ質問したりして、稟議書を書くための「材料」を集めます。

それであれば当然、銀行は融資を申し込んできた企業に、いろいろな資料の提出を要請します。決算書はもちろん、試算表、現状の借入金の明細、資金の使い道の証拠資料、資金繰り表、会社案内、事業計画書・・・

また、資料では分からないことや、銀行の担当者が融資を申し込んできた企業について聞きたいことは、銀行は社長に聞きます。規模が大きく財務担当者がいる会社なら、財務担当者に聞きます。

銀行の担当者が社長に質問をしたとき、あいまいな答えしかできなかったり、「分からない」と言ったりする社長がいます。

もしあなたが銀行員であったとした場合、いろいろな質問にあいまいな答えしかできなかったり、分からないと言われたりしたら、どう思いますか?

銀行員は、そのような社長は

「この社長、自社のことについて何も知らないのだろうか?」

「社長が自社のこんなことも知らないで、はたして経営していけるのだろうか?」

と思います。

例えば、銀行から

「今期は、先月までいくらくらいの売上ですか」

と聞かれた場合、

「うーん、ぼちぼち」

と答えたり、

「分からないよそんなこと」

と答えたりした場合、質問をした銀行員はどう思うでしょうか。

銀行の質問に、社長が答えられることは、銀行が融資の審査を行うにあたって最低限のことです。

もし万が一分からなくても、「社内で調べて回答します」と答え、その日のうちにでも回答すべきです。

そのようなこともできない社長は、銀行はこわくて融資できません。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop