2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 在庫が・・・

在庫が・・・

経営者なら常識でしょうが、在庫が多すぎると、資金繰りを圧迫してしまいます。

現金預金が在庫に置き換わることを考えれば、当然のことでしょう。

また、決算書での「商品」「製品」など、棚卸資産の勘定は、銀行は注意して見る箇所です。

棚卸資産の金額は、会社の売上規模の影響により大きくなったり小さくなったりするので、月商の何ヶ月分あるかということを見ます。

業界平均に比べて、在庫が多いか少ないかを銀行はチェックして、もし多いようであれば、銀行はその原因を探ります。

主に次のような原因があります。

・在庫管理体制ができていず、仕入れすぎてしまっている。
・今後売れる見込みのない在庫をたくさん抱えている。
・架空の在庫を計上し、決算書をよく見せようとしている。

いずれの原因も、銀行としては悪い評価となりますが、架空在庫の計上は、いわゆる粉飾決算となります。見つかったら、今後の融資を止められてしまったり、回収をはかられてしまう危機となります。

ちなみに、業界平均の棚卸資産の金額は、月商に比べて次のとおりです。
ざっとした数字です。

製造業・・・1.5〜2.0ヶ月
卸売業・・・1.0〜1.5ヶ月
小売業・・・1.5〜2.0ヶ月

この数字は、もっと細かい業種(例:製造業では食品製造、繊維製造など)によって違ってきますし、また企業自体の特性によって違ってきますが、だいたいの目安としてください。

この数値よりあなたの会社の棚卸資産の金額が大きいよれば、在庫が多すぎる可能性が高いので、在庫管理体制の見直しを行うべきです。

そうでなくても、今まで在庫管理体制をしっかりやってこなかった企業は、在庫管理体制をしっかりさせることをやるべきです。

在庫が多いということは、その分現金預金が少なくなるということです。資金繰りがきつい企業で、在庫が主な原因となっているところは多いので気をつけてくださいね。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop