2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新しい銀行からあなたの会社にアプローチしてもらう方法

新しい銀行からあなたの会社にアプローチしてもらう方法

新しい銀行から、あなたの会社が融資を受けたいと考えている場合。
どうしたらよいでしょうか。

あなたの会社の方から銀行へアプローチする方法が、まず考えられます。

ただ銀行は、いわゆる「一見客」を警戒します。その銀行と取引がないのに、いきなり融資を申込む会社のことです。

なぜ警戒されるのか。一見客は、いろいろな銀行に融資を申込んで、断られたからその銀行にとびこんできた、というパターンが多いからです。

実際に、ある都市銀行の銀行員は、一見客と、銀行からのアプローチから取引が始まった客とでは、融資の貸倒れ率が大きく違う、ということを話していました。

新しい銀行にアプローチしたい場合、ではどうするか。

あなたの会社がアプローチしたい銀行と取引している知り合いの経営者に紹介してもらう、という手がまず考えられます。

そうできるとよいのですが、実際にその銀行と取引している経営者を探すのは困難な場合が多いです。

そこで、次のような手があります。

まず、アプローチしたい銀行に、法人の預金口座作成を申込みます。

銀行は、法人名義で預金口座作成を申込むと、預金口座を開設してよいか、審査を行うのが普通です。

なぜなら、法人名義で良くないことが行われることもあり、そのような法人の預金口座を抱えてしまうと、その銀行はやっかいなことになってしまいかねないからです。

そこで、あなたの会社が、普通に事業を行っている、問題ない会社だということをアピールします。

通常であれば、預金口座の審査においては商業登記簿を求められるぐらいですが、預金口座の審査にかこつけて、

・あなたの会社の会社案内
・直近の決算書

を、銀行の窓口に提出します。窓口の行員には、

「預金口座を作りたいので、審査の参考に、と書類を用意しました。」

と、伝えるのです。

「融資の審査を行ってほしい」と言うと、銀行は警戒するでしょうが、「預金の審査を行ってほしい」であれば、警戒はされないでしょう。

会社案内と決算書を受け取った行員は、営業係の行員に、その書類を渡すでしょう。

なぜなら、預金係の行員は、情報があったら営業係の行員にまわすように教育されているからです。

そして、会社案内と決算書を渡された営業係の行員は、あなたの会社に、新規融資先開拓のために、訪問してきます。

これが、銀行からあなたの会社にアプローチしてもらうための、一つの方法です。

試してみてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop