コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新しい銀行から期間1年の融資を提案されたら

新しい銀行から期間1年の融資を提案されたら

私の会社は、いろいろな金融機関と、やり取りがあります。

私の会社に相談に来られた企業を、それら金融機関に紹介し、融資の審査を行ってもらうことも、多くあります。

そして、多くの場合、返済期間1年の融資を提案されます。

しかし、企業の社長で、よくこのようなことを話される方がいます。

「1年の返済では厳しいよ。」

銀行は、今まで取引したことのない企業に融資を出すとき、プロパー資金(保証協会の保証がついていない融資)では、

「まずは短期返済の融資から」

というのがセオリーになっています。

私も銀行員時代、新規の企業に融資を行うときは、まずは短期から、というのが、融資のセオリーとして、支店長・上司から口すっぱく言われました。

はじめの融資で、2年・3年以上の返済期間となるのは、よほどの優良企業なのです。

ほとんどの企業は、保証協会付でないかぎり、まずは短期(1年以内)の返済期間の融資から、となります。

そして、半年程度返済実績をつけてから、1年を超える長い返済期間の融資が借りられるようになります。

イメージ的には次のような感じです。

1.新しい銀行で20百万円・期間1年の融資を借りる。

2.半年で10百万円が返済となる。

3.その時に、その銀行で、20百万円、期間3年の融資を借りる。(その時の融資合計は30百万円)

また、3の段階で、次の新しい銀行から融資を受ける、ということも、選択肢として考えられます。

最近は、ビジネスローンで審査を行う銀行が多くなっており、プロパー資金(ビジネスローンはプロパー資金です。)が借りやすくなっております。

新しい銀行に融資を申し込んで、1年返済の融資の提案をされたら、まずは借りておいた方がいいでしょう。

銀行は、返済実績があって、期間が長い、また金額の大きい、融資が受けられるようになってきます。

期間1年の融資でも、借りておかなければ、より期間の長い融資を受けられるようにはならないのです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう