2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行から資料の提出を要求されたが、自社を警戒しているのか?

銀行から資料の提出を要求されたが、自社を警戒しているのか?

銀行から試算表の提出を要求された

この質問、多くの経営者の方からいただきます。

「銀行から試算表を要求されたが、我が社のことを警戒しているのか。」

これは、少々意識過剰です。

そもそも銀行は、融資を行ったらその後、3カ月に1回は、試算表や銀行ごとの借入一覧は要求します。

融資先企業ごとに、ファイリングされ、その資料の中に、試算表を添付し、銀行ごとの借入明細を付けています。

それを、担当の銀行員は3カ月に1回のペースで更新しなければならないのです。

私は銀行員時代、得意先係として、担当の融資先企業に、何月に何を資料としてもらわなければならないか、チェックリストを作っていました。

それに基づいて、企業に、資料提出を依頼しているだけです。

だから、試算表や銀行借入一覧を要求されたことは、融資を受けている企業にとっては当たり前のことで、そのことだけで何も心配することはありません。

銀行から、今までにない資料提出を要求された

次に、銀行から今までにない資料を要求された、とします。

例えば、売上先の一覧や、仕入先の一覧など、今までに提出したことのない資料を要求されたとします。

このような時にも経営者としては、

「銀行は、何が知りたいんだろう。もしかして警戒しているのでは。」

と、とても心配になります。

この場合、次の3つのケースがあります。

1.

融資申込後の融資審査において、稟議書を書く人が、稟議書の資料の肉付けとして、詳細な資料がほしい、もしくは稟議書が回覧されるにあたって、融資係長や支店長などから、ここをもう少し知りたいという指示があって、資料を追加したいケース。

2.

決算書提出後、決算書の中の勘定科目明細で、不足している部分があったり、もしくは決算書を分析するために細かい明細が必要であるケース。

3.

銀行の自己査定作業の中で、債務者区分の決定にあたっての判断材料として資料不足であるところを補ったり、もしくは金融庁のヒアリングにあたって銀行が金融庁から突っ込まれないようにあらかじめ想定される資料を用意しておきたい場合

いずれにしても、資料不足の状態があり、そこを補いたい、という趣旨が第一となります。

資料不足を補いたいということですから、資料の提出を要求すること事態が、銀行がその企業を警戒している、ということには結びついてきません。

だから、銀行から今までにない資料を要求して、心配するのは、経営者の意識過剰、ということがほとんどです。

銀行が資料提出を要求してくるにあたって聞きたいポイント

また、銀行が聞きたいポイントは、だいたい決まっています。

なぜこの資料が要求されたのか、その資料を聞くと、銀行は何を知りたいのか、だいたい分かります。

例えば売上明細であれば、

  • こちらの会社は、安定的な売上先はどれぐらいあるのだろうか。(数年にわたっての売上先ごとの売上金額を見られて。)
  • 1社もしくは数社へ売上を大きく依存しているのかそれとも売上は分散されているのか。
  • それぞれの売上先の、業績や安全性はどうなんだろう。
  • 売上高は、粉飾していないだろうか。

というようなことです。

だから、例えば売上明細を提出するにしても、その売上明細から見えてくる自社の弱点を考え、それを補うような文章を付けておくと、銀行に与える印象は良くなります。

例えば1社への売上依存が6割あり、その企業の動向に左右されやすい体質であれば、

「前期の売上の6割はA社によるものであるが、弊社としてはA社依存ではA社の動向に左右されやすいため、売上先を分散できるよう、B社以下既存の売上先に営業担当を1カ月に1回訪問させ新たな受注ネタの情報収集をするとともに、○○県内の業種○○業の企業を300社ピックアップし、新規開拓の活動を行っている。」

というように、銀行に提出する資料の中で見えてくる、自社の弱点を把握し、その弱点を克服しようとしているところを、銀行に見せる、ということです。

現状の弱点をほったらかしにしているのではなく、その弱点を経営者としては把握し、それを克服するために対策をうっている、という姿勢を見せるのです。

それで銀行に伝えたことが、融資審査の材料となり、自己査定の債務者区分決定への材料となり、良い方向に向かうのです。

ただの資料提出という作業自体でも、それをメリットにできないか、工夫してみてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop