2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > リスケジュール期間中に企業は何をすべきか

リスケジュール期間中に企業は何をすべきか

リスケジュールの更新

金融円滑化法等により、リスケジュール、つまり銀行に融資の返済を減額してもらうこと、が行いやすくなった現在、リスケジュールを行って返済が楽になり、資金繰りが良くなっている企業が多いのではないでしょうか。

リスケジュールを行う際は銀行と「借入金変更契約書」を交わし、そこには○年○月まで返済金額0円、というようなことが記載されます。

その期限は、6カ月や1年となりますが、期限ごとにリスケジュールを更新し、新たな「借入金変更契約書」を交わすことになります。

そのリスケジュールの更新を1回や2回、行ってきた企業も多く出てきております。

ただ、リスケジュールの更新は何回も何回もできるものでしょうか。

リスケジュール後、銀行は経営改善の結果を企業に求めてくる

リスケジュールの更新を行っていくにつれ、銀行からは

「そろそろ経営改善の結果を出してくださいよ。」

と言われることが多くなってきます。

リスケジュールは、企業が経営改善して利益を上げ、返済を再開できる
ようになるための、一時的な返済減額、返済猶予でしかないのです。

そのあたりを企業の経営者が分かっていないと、リスケジュールを行っていることが「当たり前」の感覚になってしまい、一方で銀行からは「早く利益を上げられるようになるように」と突っつかれてしまうわけです。

利益を上げられるようになり、返済も再開できるようになるためには、次の3つしかありません。

1.売上を向上させる。
2.粗利率を高める。
3.経費を下げる。

粗利率を高めるには、次のような対策が考えられます。

・安易な値下げをしないこと。
・安易に安売りに走らず、適正な価格設定を慎重に行うこと。
・仕入先や外注先には価格交渉を厳しく行ったり、競争させたりすること。
・建設業やシステム開発業など1件あたりの案件金額が大きい業種では、案件の原価管理をしっかり行うこと。

経費を下げるのは、すでにとことん実行されていることと思います。

これらを行い、そして大事なのは、毎月毎月試算表を作成し、これらの対策の結果、売上と利益はどうなったのか、毎月、振り返りを行うことです。

リスケジュールしている間は、企業はこれらのことを着実に行うしかありません。

経営改善の成果が見えれば銀行はリスケジュールを更新してくれる

これらのことを着実に行って、利益を上げていき、返済を完全に再開とまではいかなくても可能なかぎりでじょじょに再開していけば、銀行はリスケジュールを何回も何回も更新してくれるものです。

銀行が、不動産担保の競売や保証人取立てなど、「次の手段」に入るのは、企業の方で、利益改善への努力が見えない時です。

銀行はリスケジュール後、企業の利益が上がるようになっていき、返済もじょじょに再開していくのを望んでいます。

銀行は、いかに融資した金額の多くを回収できるか、という視点で見ています。

その視点からすれば、企業の利益が上がっていき返済がじょじょに再開していくのが一番望ましいわけです。

その方向が見えないから、「次の手段」である不動産担保の競売や保証人取立てに銀行は進もうとしてしまうのです。

企業の方で経営改善への取組みが困難であれば、われわれのような事業再生のコンサルタント会社に相談するのも一つですが、要はリスケジュール中は、経営改善への取組を絶えず行っていくことです。

それができないと、銀行から見限られて、「次の手段」に行かれてしまうこともあるわけです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop