2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 信用格付を攻略する

信用格付を攻略する

2012年2月13日号

信用格付を攻略する

 銀行が、融資先企業に付ける、信用格付。

 債務者区分と信用格付との違いは次のとおりです。

 債務者区分は、金融庁の金融検査マニュアルをもとに、銀行が自己査定と
 いう作業で融資先企業に付けるもので、以下の区分となります。

 正常先
 要注意先(この中でさらに一般の要注意先と要管理先に分けられる)
 破綻懸念先
 実質破綻先
 破綻先

 信用格付は、この債務者区分と連動して、銀行独自でさらに細かく分け
 られるもので、以下のように、銀行ごとにルールを決めています。

 1格~6格(正常先)
 7格~8格(一般の要注意先)
 9格(要管理先)
 10格(破綻懸念先)
 11格(実質破綻先)
 12格(破綻先)

 では、この信用格付は、どのように決められるのか。

 信用格付は、定量分析と定性分析で決められます。

 定量分析とは、決算書の数値を分析し、それを点数化されて付けられるもの
 です。

 定性分析とは、経営者の能力といった、数値では測れないものを、評価し
 点数化して、行う分析です。

定量分析

 以下、定量分析による信用格付の例です。

 企業の安全性の分析で、当座比率、流動比率、自己資本比率、固定比率、
 固定長期適合率。

 企業の収益性の分析で、売上高経常利益率、総資本経常利益率。

 企業の返済能力の分析で、債務償還年数、インタレスト・カバレッジ・
 レシオ、経常収支比率。

 これらの指標が使われます。

 以下、それぞれの指標の、計算式です。

 当座比率:当座資産÷流動負債
  (当座資産=現金預金+受取手形+売掛金+(流動資産の部にある)
   有価証券)

 流動比率 :流動資産÷流動負債

 固定比率 :固定資産÷純資産

 固定長期適合率:固定資産÷(固定負債+純資産)

 自己資本比率 :純資産÷総資産

 売上高経常利益率:経常利益÷売上高

 総資産経常利益率:経常利益÷総資産

 債務償還年数:有利子負債÷(営業利益+減価償却費)

 インタレスト・カバレッジ・レシオ
 :(営業利益+受取利息配当金)÷支払利息割引料

 経常収支比率:経常収入÷経常支出

定性分析

 定性分析では、以下のような項目が、点数化されます。

 経営者:経営能力・社会的評判・健康状態・後継者・代替者

 資産 :会社資産の含み・代表者(保証人となる場合)の資産状況

 技術力:技術力・開発力・研究開発体制、特許権・実用新案権等知的財産権

 販売力:マーケティング力・流通ルート・商品・差別化

 業界 :市場の将来性

実際の信用格付の計算のされ方

 以下のように、定量分析、定性分析が計算されて、その合計値により、信用
 格付が付けられます。

 ○定量分析

  当座比率 27.03% 5点満点中0点

  流動比率 571.94% 5点満点中5点

  自己資本比率 23.53% 10点満点中7点

  固定比率 203.08% 5点満点中3点

  固定長期適合率 52.57% 5点満点中4点

  売上高経常利益率 0.19% 10点満点中1点

  総資本経常利益率 1.41% 10点満点中0点

  経常収支比率 97.41% 10点満点中3点

  債務償還年数 -12.07年 10点満点中0点

  インタレスト・カバレッジ・レシオ -5.32倍 10点満点中0点

  定量分析 合計 80点満点中23点

 ○定性分析

  経営者:4点満点中2点

  資産:4点満点中3点

  技術力:4点満点中3点

  販売力:4点満点中1点

  業界:4点満点中1点

  定性分析 合計 20点満点中10点

  総合計 100点満点中33点

 ○正常先の点数による格付

  100点~81点1格 80点~66点2格 65点~51点3格 
  50点~36点4格 35点~20点5格 19点~0点6格

 当社は正常先で1格~6格、点数表により5格

信用格付の企業への影響

 このようにして決まった信用格付により、融資の審査や、融資金利の基準に
 影響が出ます。

 信用格付は、まず債務者区分を元にしますので、企業は良い債務者区分を
 目指さなければなりませんし、正常先となったら、その中でも良い信用格付
 となるよう、決算書の内容を良くしていかなければなりません。

 上記に例として挙げた、信用格付の評価基準は、銀行ごとに独自で決めら
 れています。

 しかし、多くの銀行は、だいたい上記のような評価基準となっています。

 上記の基準をもとに、自社の信用格付をどうやって良くしていくか、考えて
 いってください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop