2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 経営者が抱くリスケジュールの不安

経営者が抱くリスケジュールの不安

2012年7月17日号

平成21年12月の中小企業金融円滑化法施行以来、中小企業にリスケジュール、
つまり銀行融資の返済の減額や猶予、という手法が中小企業経営者に広まり、
多くの企業が銀行と交渉し、リスケジュールを行いました。

この法律が施行される前はリスケジュールはできなかったのかというと
そういうわけではなく、以前からリスケジュールというやり方はあったの
ですが、ただリスケジュールについての知識がない方が多く、また銀行
への返済を止めるとその後どういうことが起こるのかという不安もあり、
リスケジュールを行う企業は少なかったのです。

ただ、現在でもリスケジュールを行うことにより、その後どういうことが
起こるのか、不安を抱えていらっしゃる方は多いと思いますので、そこを
お話します。

多くの経営者が不安に思うことで代表的なものは、次のとおりです。

1.二度と銀行から融資が受けられなくなる。

2.どこの銀行からも融資が受けられなくなる。

3.リスケジュールをしたという情報が世間に広まってしまう。

それぞれの不安につき、解説していきます。

1.二度と銀行から融資が受けられなくなる。

リスケジュールの期間中は、基本的に新しい融資は受けられません。

それはなぜか。通常時においては、毎月の返済により、それぞれの銀行が
企業に出している融資残高が減少していくため、それを見て、その減少分を
埋める、もしくは企業の成長状況によってはそれ以上の融資を銀行は出し
やすくなります。

しかしリスケジュールを行なうと、毎月の返済がなくなる、もしくは少なく
なるため、融資残高は減少していかなくなります。そこに新規融資を出すと、
融資残高は増える一方となります。そうすると銀行のリスクは高まって
しまうことになります。

そのため、リスケジュール期間中は、基本的に新しい融資は受けられない
ことになります。

ではリスケジュール期間中に経営改善を行い、事業で利益を上げられるよう
になり、そこから銀行への返済が再開できるようになると、どうなるので
しょうか。

返済が再開すると、返済するにつれて融資の残高は減少していくことになり
ます。それであれば、その減少分を埋める融資を銀行は出しやすくなり、
企業の成長状況によっては、それ以上の融資も銀行は出しやすいことに
なります。

リスケジュールを行うと銀行から二度と融資が受けられなくなるのではなく、
リスケジュール期間中は融資は基本的に受けられないが、リスケジュールを
終了して銀行への返済が再開されれば、再び銀行から融資を受けられること
になります。

2.どこの銀行からも融資が受けられなくなる。

例えばある企業がA銀行とB銀行から融資を受けていて、A銀行の融資を
リスケジュールすると、B銀行から融資が受けられなくなるのか。

A銀行とB銀行との間で情報のやり取りは、企業の同意がない限りは銀行
はやってはいけないことになっています。

そのため、A銀行でリスケジュールを行ったから、それが自動的にB銀行
から融資が受けられなくなる、ということにはなりません。

しかしリスケジュールは、基本的に全ての銀行一律で行うことが原則です。

 

銀行ごとにリスケジュールを行う銀行、行わない銀行があると、リスケ
ジュールを行う銀行で大きなリスクをとることになり、銀行間で不公平に
なります。

そのため銀行はリスケジュールの申込みがあったら、他の銀行ではどうなの
か、必ず聞きますし、また企業の同意の上、他の銀行に問い合わせることも
多くあります。

また企業にとっても、ある銀行ではリスケジュールを行って、別の銀行で
リスケジュールを行わないのであれば、返済減額が中途半端にしか進まず、
中途半端なリスケジュールになります。

リスケジュールを行う企業は資金繰りが厳しい企業ですから、例えば返済
の減額を半分にするだけで済ませるような中途半端なリスケジュールでは
資金繰りの改善はあまり進まず、返済を0円近くまで一気に減額する、
もしくは0円にする、リスケジュールを行うべきです。

そこを考えても、リスケジュールは基本的に全ての銀行、一律で行うこと
が原則となります。

では、めったにないケースですが、ある銀行でリスケジュールを行って、
別の銀行でリスケジュールを行っていないケースでは、そのリスケジュール
を行っていない銀行では融資を受けられないのか。

私が関わったケースで、ある銀行ではリスケジュールをはじめたばかり
で、その企業に、リスケジュールをしていない銀行(例:手形割引のみ、
預金取引のみ)が新規融資を売り込んできて、融資を受けることができた
ケースがあります。

このように、ある銀行でリスケジュールを行ったから、他の銀行でも融資
が受けられなくなるということはないのですが、しかし融資残高推移の
資料を銀行が見たり、返済の動きを預金通帳で確認されたりして(日本政策
金融公庫は他の銀行の返済の動きを預金通帳で確認します)、リスケ
ジュールをやっている事実が分かってしまうことは多いです。

リスケジュールをやっている事実が分かったら、リスケジュールを行って
いない銀行でも融資審査は厳しくなります。

3.リスケジュールをしたという情報が世間に広まってしまう。

 

これも、リスケジュールを検討する経営者が、よく不安に思うことの一つ
です。

そもそも、リスケジュールを行ったことは、どういう流れで世間に広まって
しまうのか、考えてみます。

それは次の2つとなります。

(1)銀行から世間に広まる。
(2)企業自身が世間に広める。

この2つについて考えてみます。

(1)銀行から世間に広まるのかどうかですが、まず何よりも、銀行には
守秘義務があります。

ある企業がリスケジュールを行ったという情報は、銀行は外部に漏らしては
なりません。もしそのようなことが起こったら、大問題になります。

だから、企業がリスケジュールを行ったということは、銀行から世間に
広まることはありません。

そう考えると、(2)企業自身が自ら世間に広めてしまうのでなければ、
リスケジュールをしたという情報は世間には広まらない、ということに
なります。

経営者はリスケジュールの知識の取得を

 

以上、リスケジュールを行うにあたって企業が抱きがちな不安を3つ、
その不安は、杞憂でしかないことを述べました。

しかしリスケジュールは、銀行からなかなか融資が受けられない中で、
大きくのしかかる返済負担を軽減して資金繰りをまわしていくための、
「次の手段」として考えるべき手であります。

企業は、リスケジュールは行うべきか行わないべきか、銀行の融資スタンス
や資金繰り状況、損益状況などを見て、常に考えていかないといけません。

 

安易なリスケジュールは慎まなければなりませんし、だからといって
リスケジュールすべきタイミングでリスケジュールを行わず、リスケ
ジュールを行おうとする時にはほとんど現金がなかった、というリスケ
ジュールのタイミングの遅れ、ということも避けなければなりません。

リスケジュールのタイミングをどう図るか、経営者にとってはなかなか
難しいものがあります。

そしていざ、リスケジュールを行う時、ほとんどの企業にとっては初めての
経験になりますので、ここで述べたような不安に陥りがちになります。
そこを払拭するために、ここで述べた知識を経営者は得る必要があります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop