2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 純資産が重要なのは「経営者の選択の自由」のため

純資産が重要なのは「経営者の選択の自由」のため

2014年3月24日号

純資産が重要なのは、「経営者の選択の自由」のため

前回は、純資産項目の財務指標として、
「自己資本比率」と
「債務超過解消年数」を
確認、昨今の基準値についてお伝えしました。

今回は、改めて純資産の重要さを確認します。
主に、債務超過がどれだけ会社にとって悪影響なのか、
という見地から申し上げます。

第一段階:純資産が少ない(マイナス)ということは

貸借対照表上の右側の大項目となる「負債」「純資産」は
「負債」を他人資本
「純資産」を自己資本
とも表現されます。

その違いをおおまかに言えば、まず負債は

1.一時的に他人への支払を待ってもらっている
  ⇒買掛金等
2.お金はいただいたが、それに対する役務(サービス)を
  まだ提供していない
  ⇒前受金等
3.将来返すことを前提に、一旦お金を借りたもの
  ⇒借入等

一方、純資産は

4.会社設立時に用意した資金
  ⇒資本金等

5.会社の利益の累積
  ⇒繰越利益剰余金等

ということになりますが、結局は
「将来誰かに払うことになるお金か、
自分自身に残してよいお金か」
この一点で区分できます。

純資産(自己資本比率)が大きい程、
社外に払うべきものは少なく、
手元においておけるものが大きくなるのですから、
当然会社の安全性が高いということになります。

純資産がマイナス、つまり債務超過になると
会社の用意したお金の全てが、社外から用意したもの
ということになるから危険だ、
これが純資産の基本的な内容であることは
明らかでしょう。

第二段階:純資産がマイナスということは

純資産の意味を確認した上で、この状態を考えます。
純資産がマイナス、ということは残る「資産」「負債」の
バランスは必ず

資産 < 負債

となります。
仮に、資産が全て額面通りに現金化されたとしても、
負債は全て支払いすることができず、残ってしまいます。

従って、負債の相手先である債権者、特に金融機関は
「万一にもこの会社が倒れてしまったら、
 融資したお金が貸倒れになるのではないか?」

ことを懸念します。
だから、債務超過の企業には銀行はお金を貸さず
回収方針となってしまうことが
融資の原理原則となっているわけです。

第三段階:債権者に回収を懸念される、ということは

ここまでは広く知られた事実ですが、大事なのはここから。

債権者(金融機関)に回収を懸念される、という状況では

・担保の追加を要求される
・経営者引退時に保証人解除されない、むしろ
 追加保証人の話がでることもある
・新規融資が断られる
・金利の上昇を求められる
・経営改善への具体的な方策の開示と、その実行が
 求められる
・役員報酬等の経費を削減することを求められる

等など、あらゆる意味で取引が不利になりますが、
これは経営者側から考えてみれば

・個人資産の担保提供が必要になる
・引退しても保証人が外れない

ばかりか、

・新規設備投資等をしたくとも、返済要求しがちな
 金融機関の了解が要る
・人件費を増やすことができず、それよりも
 利益を出して返済をしてくれ、と金融機関に要求される
・仮に会社を清算するとしても、基本的に借金が残る
・仮に会社を売却するとしても金融機関の了解が要る
 (正しくは法律上その義務はありませんが、
 ただ無視して進めるというのは、その後も金融機関との関係を
 良好に保ちたい、というのならお勧めできません)

そもそも経営の自由が剥奪されるということを
意識しなくてはなりません。

日本の中小企業経営者の多くはオーナー兼社長のため、
よくも悪くも全て自分、とは言ったものですが、
債務超過の場合は責任だけが自分、決断と実行においては
債権者≒金融機関の了解を得なくてはならないのですから。

言い直すと、「経営権を金融機関に剥奪されたようなもの、
ただし、責任はとらなくてはいけない」ことが
中小企業の債務超過の本質です。

まるで、戦争に負けた植民地の首領です。

金融機関は貸したお金は回収するのが業務の内ですから、
どうしても債務超過脱却が困難だと思えば
後継者の連帯保証等も要求することもあるでしょう。

しかし、まずは事業収益で、いつまでに、どれほどの
純資産の改善ができるか?
基本は最大10年以内の債務超過脱却、ではありますが
単に金融機関の基準に合わせるということではなく、
経営者自らの、経営の選択の自由を取り戻すという見地で
純資産をプラスにすることを目指していただけたら
と思います。

既に純資産がプラスであったら、
今度は税金や相続も考慮しながら
適正値を目指していくことになるでしょう。
そう、「自らの適正値」を「自分の意思で目指す」、
ことが許される、これが債務超過でないこと、なのです。

「2014年3月24日号」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop