2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > M&Aで取得(買収)の失敗で一番多い原因とは?

M&Aで取得(買収)の失敗で一番多い原因とは?

2016年11月11日号 「銀行とのつきあい方」

 

M&Aで取得後に失敗したと話しは、よく聞きます。

M&Aで取得後に失敗したと話しの殆どは、

PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)、

つまり取得後の統合の失敗が原因であると語られることが殆どです。

 

しかし、これが失敗の原因であることは、意外と少ないのです。

 

では、本当の原因とは?

 

本日は、これを我々の経験からお話させていただきます。

まずは、本日のお話の本題に入る前に、M&Aの大前提とは?から

お話させていただきます。

 

それは、

「M&Aとは、戦略目的を達成するためのツール(手段)であり、目的ではない」

ということです。

これは、M&Aにより事業・企業を取得する=戦略目的を達成する
ための”スタート”であるということです。

 

例えば、マラソンを行う場合に、何の準備もなく、いきなり

スタートを切ったらどうなるでしょうか?

 

私(48歳、普段運動していない)そんなことをしようものなら、

ゴールすることはまずできないでしょう。

M&Aも全く同じであると思います。

つまり、準備が必要だということです。

 

では、その準備とは何か?

 

それは、

 

1.なぜM&Aで取得するのか?

2.何を買って、何を買わないのか?

3.誰が責任を持って取得した事業・企業を運営するのか?

4.取得の成否の基準をどこにおくのか?

5.その基準を誰がどうモニタリングするのか?

 

を決定しておくことです。

考えてみてください。

上記1.乃至5.は、ビジネスとしては当たり前のことだと

思いませんか?

 

これが、M&Aという戦略を採用する場合、多くの企業で抜け落ちて

しまう傾向が多々あるのです。

 

M&Aが目的化している顕著な証左だと思います。

”実は、多くの場合、PMIで失敗しているのはなく、
準備段階(戦う前)から失敗している場合が多いのです。

 

本日は、

数多ある成長戦略の一つの選択肢(手段)としての

M&Aの事前準備の重要性についてお話させていただきました。

 

お付き合いいただき誠にありがとうございます。

 

エクステンドでは、

成長戦略として、M&Aでの事業・企業の取得を漠然をお考えの皆様に、

本当にM&Aが正しい選択なのか?正しいとすればどう準備するのか?

のコンサルティングも実施しております。

 

お気軽に以下よりご相談くださいませ。

 

●電話でのお問合せはM&A専用ダイヤル
0120-321-312

 

●メール問い合わせフォームはこちら
http://www.ma-consultant.jp/contact/

 

執筆:松原 良太

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

中小企業事業承継支援協会
大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop