2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 少人数私募債を実行した場合の取引金融機関の受け止め方

少人数私募債を実行した場合の取引金融機関の受け止め方

2012年12月26日号

【質問】

質問は「少人数私募債」を実行した場合の取引金融機関の受け止め方です。
様々な事情からハネ資金の借入(注:事業で稼ぐキャッシュフローで返済が
まかなえずに資金不足となる分を埋める借入)を継続しているため、なか
なか長期借入金が減少しません。

最たる理由は、いざという時の資金化可能資産の積み立てのため、節税を
行っているからですが(半損タイプの生命保険など)、金融機関の
長期借入金を減らすため、役員や同族関係者を中心とした少人数私募債を
実行した場合、現在の取引金融機関の会社評価やその後の資金調達に何か
支障はあるでしょうか。

もっとも支払利息は、2%程度に抑えて税務署からの指摘や赤字決算に
ならないよう調整しながらになりますが、塩漬けの役員借入金や当座貸越
などと比べて評価に違いはあるのでしょうか。

前期、役員借入金をゼロにすることはできましたが、今後もその状態が継続
できるかどうかわかりません。
それぞれの優先順位や評価などについて教えて下さい。

(W様)

 

【回答】

少人数私募債の発行そのものが会社の評価に影響を与える事は少ないですが、
代表者からの借入金、当座貸越との比較では相違点があります。
少人数私募債は、役員や同族関係者を相手に発行したとしても、将来返済
することが明らかな債務ですので、金融機関の評価としては、外部借入金の
増加ということになり、自己資本相当額とみなすことには問題があります。
(金融検査マニュアル別冊:事例1の3参照)
他方、代表者からの借入金については、一定の要件のもとで、自己資本相当
と考える事が可能です。
(金融検査マニュアル別冊:事例1の2参照)

よって、両者を比較すると代表者からの借入金の方が自己資本の額が多いと
評価される可能性があるため、代表者借入金の方が金融機関からの評価は
良いです。
一部には「金融機関以外からの外部資金調達が可能な会社である点を、
金融機関が高く評価する」との記載も散見されますが、少人数私募債の実態
は、あくまでも複数人からの借入金ですので、金融機関からマイナス評価を
受けている会社も多い点はご留意ください。

また、当座貸越については、金融機関からの借入ですので、他の借入金同様
に評価されます。ただし、一般的には当座貸越は、その実行に高い信用力を
必要としますので、その点においては当座貸越の方が評価が高いです。
よって、代表者借入⇒当座貸越⇒少人数私募債の順で評価が高い
ということになります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop