コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 当期利益より経常利益を重視せよ

当期利益より経常利益を重視せよ

当期利益より経常利益を重視せよ

銀行が企業の決算書で注意して見るところの一つに、利益があります。

利益といっても、いろいろあります。売上総利益・営業利益・経常利益・当期利益。

この中で、銀行が一番重視する利益は何だと思いますか?最終利益である当期利益が重視されると思われる方が多いのですが、銀行は経常利益を一番重視します。

経常利益とは、企業が通常の業務で稼ぐことのできる利益を意味します。当期利益は、例えば工場が火事で燃えたために損失を出したとか、特別な事情による利益・損失も含んでしまいます。そのため、企業が通常の業務で稼ぐことのできる利益である経常利益を、企業の実力を測るバロメーターとして、銀行は一番重視します。

企業の決算書でよく見受けられるものに、経常利益赤字、それを、役員借入金の債務免除益を特別利益に計上し、当期利益を黒字にする、というものがあります。この場合、銀行にとっては、当期利益が黒字だからといって、企業の評価が上がることは全くありません。

また、よく役員退職金を特別損失で計上するのではなく営業外損失で計上する企業があります。こうすると、経常利益が大きく下がる、もしくは赤字化する可能性があるので、絶対役員退職金は特別損失としてください。

経常利益が良い数字となるように、企業の経営者もしくは経理の方は、顧問税理士・会計士とよく打ち合わせしてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう