コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 税理士と同伴?

税理士と同伴?

税理士と同伴?

ときどき、融資申込のために、顧問税理士と同伴で銀行を訪ねてくる経営者がいます。

理由は、税理士だったら、銀行員と対等な知識で話すことができ、経営者としては楽だろう、ということだと思います。

しかし、銀行にとっては、税理士と同伴の経営者は、自社の経営状態等についてしっかり把握していないのではないか?何でも人任せの経営者ではないのか?というように思ってしまいます。

銀行が企業に融資をするかどうかを判断する材料の一つに、「経営者」があります。その経営者が、銀行から、頼りない人物と思われてしまっては、税理士との同伴が逆効果になります。

経営者のみなさん、税理士からはいろいろ教えてもらっても、銀行と直接、話をするのは、経営者であるあなたであるべきです。

税理士が上手に銀行に話をするより、つたない言葉でも、経営者の口から話をする方が、銀行としても重く受け止めます。

しかし、全く税理士を利用しなくても良いというわけではありません。税理士と一緒に、どのように銀行に融資申込をしたら良いのか、作戦を練りましょう。良い税理士だったら、すばらしいアドバイスをしてくれるはずです。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう