コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行の、「当座貸越」という融資方法に対する考え方

銀行の、「当座貸越」という融資方法に対する考え方

当座貸越とは、この金額までならいつでも自由に融資を受けることができるという融資枠を銀行と取り決めておき、その枠内で融資を受ける方法です。

 

例えば、融資枠を5,000万円と取り決め、銀行と契約を交わせば、融資金額が5,000万円に達するまでは申込書1枚でいつでも融資を受けたり、返済したりすることができます。

ただ、銀行にとっては、当座貸越は融資方法(商業手形割引・手形貸付・証書貸付・当座貸越)の中で最も行いたくない方法なのです。

 

商業手形割引は割引した手形の決済により銀行は資金を回収できます。手形貸付は借入用手形に書かれた支払日に、証書貸付は金銭消費貸借約定書に書かれた返済日に銀行は資金を強制的に回収できます。

しかし、当座貸越は、融資先企業の主導で借りる・返すを決められるので、借りっぱなしで返済をしないということも可能となります。そのため、銀行にとっては、融資を回収できないリスクが高くなります。

 

そのため、当座貸越は銀行としては最も行いたくない方法なのです。

 

担保があるならばともかく、無担保であるならば、当座貸越契約を銀行と取り交わすのは、とても困難です。そのようなことができる企業は、優良企業と言ってもいいでしょう。

 

担保があれば、例えば5,000万円の当座貸越を組みたい場合は担保としての評価(だいたい時価×0.7が相場です)が5,000万円以上あれば、当座貸越契約を組むことができる可能性は高くなります。しかし、担保は将来の価値下落リスクがあるので、担保がある場合でも、当座貸越契約を取り交わすことができる企業は限られてきます。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう