コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 支払手形がないと銀行は安心する

支払手形がないと銀行は安心する

銀行が決算書を見て気にするところの一つに、「支払手形」の勘定があります。

支払手形の勘定がある企業とない企業がありますが、ない企業の方が、銀行は「安全性が高い」と見ます。

手形を切っていると、「不渡り」というおそれがあります。買掛金にしていれば、せいぜい支払時期が遅れるだけで不渡りということはないのですが、支払手形であれば、もし手形の支払日に支払いにまわす資金がなければ、仕入先に手形ジャンプを依頼し、仕入先がそれをのまなければ、不渡りということになってしまいます。

そのため、支払手形があるという企業は、その分リスクが高い企業と銀行は見ます。

ただ、現金預金が豊富にあれば、そのようなリスクはほとんどないと見ますので、一概には言えませんが。

また、借入金で資金調達してその分支払手形をやめる、という方法も、支払手形をなくす方法の一つとして考えられます。支払手形をやめて取引先に歩引きしてもらって返済利息軽減以上の利益アップ効果を出せれば、利益を増やす結果ともなるのですが、借入金が増えて債務償還年数が長くなるなどの作用もありますので、顧問税理士と相談するか、弊社の「格付くん」を利用するなどして、慎重に検討してください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう