コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 決算書を読める力

決算書を読める力

私は、今まで65社のご相談を受けてきましたが、その中で思ったことは、

社長が決算書を読める会社は、多くない

ということです。

「決算書ぐらい読めなくてもいいじゃないか。」

と思われた社長、いらっしゃいますか。

こういうことを言うと申し訳ないのですが、決算書を読むことができない社長は、経営者として失格ではないか、と思います。

簿記3級を、代表取締役になるための条件にすると、国が定めてもいいくらい、私が見てきた中で多くの会社が、社長が決算書を読めないばっかりに、経営危機に陥っています。

決算書を読めなければ、当然、試算表を読むこともできません。

試算表は、企業の経営状態を、リアルタイムで表すものです。

試算表を毎月作っていない企業は、どのように、自分の会社が儲かっているのかいないのか、儲かっていないならどの部分がネックになっているのか、判断するのでしょうか。

税理士に決算書を作ってもらわなければ、1年を通じて黒字となったのか赤字となったのか分からない、そんな会社が、結構あります。

そのような会社は、よほど利益の出る会社でないかぎりは、資金繰りが厳しくなり、経営危機に陥るのが早いです。

銀行も、そのような会社は相手にしないです。

またそこまでいかなくても、1月の今、出せる試算表が昨年の9月のものであったりする会社も、同じようなものです。

試算表が出てこなければ、経営者は、どのように経営を行っていけばいいのか、分からないでしょう。

このメールマガジンを読んでいただいている方で、資金繰りをなんとかしたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

そのためには、まずは現状把握が必要です。

試算表を毎月出るようにすることから、はじめてみてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう