コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行は貸しすぎである

銀行は貸しすぎである

銀行は貸しすぎである、というと、

「反対でしょ!」

という声を多くいただくかもしれません。

しかし、多くの経営者の方のご相談を受けていると、銀行は本当に、融資の時、何も考えていない、と思ってしまいます。

基本的に、毎月のキャッシュフローより返済額の方が上回ってしまう企業は、融資を返済できない企業です。

詳しく説明しますと、

キャッシュフローとは、1年間の当期利益+1年間の減価償却費です。(別に1年間と区切らなくてもいいですが。)

それが、企業の活動で、1年間に生み出される現金です。
(分かりやすくするためにここではかなり単純化していますが)

1年間の返済が、キャッシュフロー内に収まらなければ、基本的に企業の現金預金は減少するのですよ。簡単なことですよね。

返済がキャッシュフロー内に収まらなければ、いずれ現金預金が減少して、資金不足になるのは目に見えています。

しかしほとんどの、融資を受けている企業は、このような状態になっています。キャッシュフローより返済額の方が上回っています。

それでは、そのような企業はどうしているのかというと、現金預金が減少した分を、新たな借入で補っているのが通常でしょう。

単純に言いますと、1年間の当期利益3百万円、減価償却費7百万円の企業は、当期利益+減価償却費=10百万円、これがキャッシュフローとなります。

それに対して、年間返済額が30百万円ですと、

10百万円−30百万円=△20百万円

1年間に現金預金が20百万円減少してしまいます。

20百万円が減少した時点で、20百万円借入すれば、現金預金は元に戻ります。

ほとんどの中小企業は、このような形で、資金不足にならないようにしているのです。

しかし、こわいのは、20百万円減少した時点で20百万円が借入できなかった場合です。

業績が悪化した場合、銀行の方針が厳しくなった場合など、十分にありえる話です。

そうすると、資金不足が悪化し、企業は倒産という事態ともなりかねません。

そのような事態に陥りそうな企業の方は、弊社に相談に来てほしいのですが、ここで絶対やってはいけないのは、高金利の借入です。

ただでさえ資金繰りが苦しいのに、高金利で借入して一時をしのいでも、金利支払い、返済の負担は重く、今度はもっと厳しい事態に陥るのは目に見えています。

また、高利の借入は第三者の連帯保証人をつける場合が多いので、その保証人にも迷惑をかけることになります。言葉は悪いですが、

「被害者を増やします。」

その場合は、銀行に無理に返さなくていいです。
(具体的には弊社にご相談ください。)

話を戻しますが、それなら、キャッシュフローより返済額の方が上回る融資を銀行は行わなければいいですよね。

しかし銀行は、キャッシュフローより返済が上回ってしまう融資を、平気で行います。

なぜなら、銀行の本部から各支店に与えられている融資増加のノルマがきついからです。

私は地方銀行の融資営業をやっていましたが、私の経験から申しているのです。

ノルマがあるから、キャッシュフローより返済が上回る融資でも、平気で行うのです。

しかし、企業側としては、そのような融資、大歓迎でしょう。返済がキャッシュフロー内でできることなんて、ほとんどの企業ではできない無理なのですから。

まあ、銀行員のノルマと、企業側の融資に対する要望とで、微妙なバランスとなっているのですが、このバランスが一気に崩れるのは、銀行が追加融資(返済で現金預金が減少した分の融資)を出さなかった場合です。

多くの企業は、なぜか数ヶ月単位で、決まって資金不足に陥ることがあるのではないでしょうか。その理由に、今まで述べたようなカラクリがあるのです。

その時に融資を受けられるのならまだしも、融資を受けられなかった場合が、その企業の正念場となるのです。

キャッシュフロー<返済額

の企業は、どこでもそのような危険性があるということは自覚しておいた方がいいです。

また、追加融資が受けられなかった場合の対応はとても大事です。その時に一番やってはいけないのは「商工ローンなど高利の借入」ですが、対応いかんで、企業の行く末は大きく左右されるでしょう。慎重に対応してください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう