コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 資金使途

資金使途

資金使途とは、つまり融資を受けたお金を、どのように使うか、ということです。

銀行に融資を申込むにあたっては、ここ、大事です。

資金使途には、大きく分けて2つがあります。

「運転資金」と「設備資金」です。

運転資金とは、日常の取引で支払いが先で回収が後になってしまう場合とか、売上の季節変動が大きく資金不足の時期が出てきてしまうなど、事業を行っていくにあたって必要となる資金のことです。

設備資金とは、不動産を購入したり、機械設備を購入したりする場合など、事業を行うにあたって必要な設備を購入する資金のことです。

融資を申込む際には、資金使途はなんであるかをはっきりさせておく必要があります。

運転資金においては、資金繰り表などで、○月にいくら不足するから埋めたいと説明したり、アパレル業界などで今は商品を生産して備蓄しておきたいと、資料を示して説明したりするなど、なぜこれだけの金額が必要なのかを、しっかり説明する必要があります。

「○千万円がほしい。」

と言っておきながら、その根拠を銀行員から聞かれると言葉に詰まってしまう方は多いので、しっかり説明できるようにしておいてくださいね。

また設備資金では、その設備購入のための見積書、契約書など、設備を購入しますよ、という証拠書類を銀行に示す必要があります。

そして、設備資金が融資されて、その設備の購入に資金が使わたかどうかを銀行がチェックするために、銀行員がその設備の所在を確認に行ったり、領収書を要求されたりします。

ときどきあるのが、にせの見積書をもとに融資を受け、実際に融資を受けたら見積書にある設備ではなく、赤字補填の資金などに使ってしまうパターンです。

つまり、この場合は設備の購入を銀行に証明することはできません。
銀行に、ばれてしまうことになります。

そうなると、その銀行は、そのような会社への融資をもう行わないでしょう。
もしくはその融資を引き上げにかかるかもしれません。

信用保証協会付融資でそのようなことを行うと、その融資が完済になるまでは、信用保証を次につけてもらうことはできなくなります。

それほど、銀行は資金使途と、それが申し出どおりに使われたのかについて、気をつけています。

なぜなら、審査の項目の一つに、資金使途はなんであるか、というのがあるからです。

設備資金だからこそ、その企業の将来のために融資を出したのが、赤字の穴埋めなどに使われてしまったら、融資が最後まで返ってこなくなる可能性が高まるからです。

運転資金の場合は、設備資金のように、使った証拠を示すように求められることはないですが、それだけあいまいに使える資金なので、設備資金よりは審査は厳しいです。

融資を申込むにあたっての資金使途には気をつけましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう